【感想】7種のホップ リラックス‐サントリー

2010年3月30日(火)から新発売された「7種のホップ リラックス」を飲んでみました。

7種のホップ リラックス‐サントリー
7種のホップ リラックス‐サントリー

「7種のホップ リラックス」の特徴は「コク」と「糖質0」

サントリーのニュースリリースには、7種のホップ リラックスについてこう書かれています。

新ジャンル商品「7種のホップ リラックス」新発売

― 糖質ゼロで“華やかなコク”が楽しめる新ジャンル商品 ―

●中味について ―“華やかなコク”と“糖質ゼロ”の両立

  1. 4種のアロマホップと3種のビターホップの計7種のホップを世界有数のホップ産地から調達し、最適な配合でブレンドして使用することで、味に奥行き、複雑味を与え、“華やかなコク”を実現しました。
  2. 発酵工程での温度や時間の条件を最適化し、発酵度を高めることで、“糖質ゼロ”を実現しました。
  3. “糖質ゼロ”ながらもアルコール度数5%を実現することで、満足感のあるおいしさをお楽しみいただけます。

http://www.suntory.co.jp/news/2010/10642.html

「糖質0なのに味わいはしっかりしてますよ~」ということらしいです。

「7種のホップ リラックス」の原材料は「発泡酒、スピリッツ(小麦)、香料、カラメル色素、酸味料、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)、炭酸ガス含有」で、アルコール度数は5%です。

「7種のホップ リラックス」を飲んでみた感想ですが「飲みやすい」っと感じました。「ホップの華やかなコク」「味に厚みがある」とうたっているだけあって、味わいはしっかりしています。キレも悪くなく、ヘンなエグ味もありません。どちらかというとほんのり甘い味わいなので「苦味が命」という人にはちょっと~という感じになると思いますが、でも個人的にはおいしいなって思いました。

ただ、7種のホップ使っているから7色でレインボー(虹)だっていう発想はまぁいいんですが、缶ラベルがどうにもビールっぽくなく、「ホントはビールが飲みたいんだけど、お金もないから発泡酒を飲むよ」っていう人が手に取るパッケージデザインではないかな~と思いました。

あとは、サントリーからなんぞブログパーツが配布されていたのでつけてみます。

【感想】アサヒスタイルフリー その2‐アサヒビール

「糖質オフ(糖質ゼロ)シリーズをあれこれ飲んでもう一回感想を書こう」シリーズ第4弾! 今日はアサヒビールのアサヒスタイルフリー*です。糖質ゼロ(※栄養表示基準に基づき、糖質0.5g(100ml当たり)未満を糖質0(ゼロ)としています)のお酒です。

アサヒスタイルフリー
アサヒスタイルフリー

以前に、アサヒスタイルフリーを飲んだ時の感想は、

飲んでみた感想は「スッキリしているというと聞こえはいいけれど、味が感じられるような感じられないような微妙なライン」といったところです。スッキリ具合はアサヒスーパードライに通じるものがあって、飲むと「あ、アサヒのお酒だ」というのがよく分かります。

でした。

今回、アサヒスタイルフリーを飲んでみた感想は「これをビール(発泡酒)系のお酒と思って飲んだら負けかもしれない」です。

あらためてアサヒスタイルフリーを飲んでみても、やっぱり“味が感じられるような感じられないような微妙なライン”という感想は以前と変わらずでした。あまり冷やしていないスタイルフリーには、口に含んだ瞬間に一瞬口の中に広がる酸味と苦味は半々に混ざり合ったような味わいがあります。
よく冷やしてしまうと、そのほのかな味わいもほとんど感じられなくなってしまいます。

味わいが感じられないので当然、おいしいもおいしくないもありません。きっと、これをビール好きの人が晩酌の友としてのむのは、アサヒスタイルフリーの活かしどころではないんでしょう。

ただ、味わいが乏しい分、アサヒスタイルフリーを飲むと口の中をリセットしてくれるような感覚があります。「アルコールの入ったお水」と、そこまでスタイルフリーが無味無臭だとはいいませんが、揚げ物みたいにちょっとコッテリしたものや味のしっかりした料理を食べるときに一緒に飲めば、口の中をすっきりさせつつ料理もおいしくいただくことができる。アサヒスタイルフリーの組合せとしてはけっこう間違ってないような気がします。

あと、飲む本数を重ねても味が変わらないので、すいすい飲めてすいすい酔えるのが楽しいです。糖質ゼロなので多めに飲んでもメタボが気になりにくいのも安心材料です。

【感想】麒麟ZERO‐キリンビール

お値段も安くてなかなかおいしい“コクの時間”が気になりつつ、ちっとも減らない体重も気になってしかたがない今日この頃。糖質オフ(糖質ゼロ)シリーズを飲む回数はまだまだ減りそうにありません。

というわけで、アサヒオフ(その②)につづいて今回は、キリンビールの麒麟ZEROです。

麒麟ZERO‐キリンビール
麒麟ZERO‐キリンビール

麒麟ZEROの発売開始は2008年2月の発売なので、かれこれ1年半くらいになりますが、さっき気がつきました、麒麟ZEROを飲んだ感想書いてませんでした。以前、まだ感想書いてない発泡酒。でも麒麟ZEROって書いているのになんだかんだ飲んでなかったみたいです。

麒麟ZEROの特徴はなんといっても“カロリーオフ”でしょう。

  • いちばん低カロりー ※キリンビール調べ(調査対象:1994年~2008年12月発売の国産発泡酒)
  • 糖質ゼロ ※「糖質ゼロ」は100ml当たり糖質0.5g未満のものに表示可能です。(栄養表示基準による)

メタボ予備軍にとって、なんと魅力的な言葉でしょう。

麒麟ZEROの原材料は「麦芽・ホップ・糖類・大豆たんぱく・酵母エキス」でアルコール度数は3%です。アルコールもそんなに強くないですね。

麒麟ZEROを飲んでみた感想ですが「なにやら酸味っぽい味わいがツーンと残る」感じです。味わいとしては完全にビール(発泡酒)じゃないです。おいしくもなく、おいしくなくもなく。飲めるけれども、飲みたいと思うかといわれると・・・うーん。

あ、飲んでて思ったのは、よく冷やして飲むよりも多少ぬるめの方が炭酸もキツくなくってゆっくり飲めるかなーということ。アルコール度数3%ということもあって、500ml缶を3本空けても「酔ったー」という感覚はなく、ゆっくりと飲める感じです(カロリーも気にしなくていいですしね)。
個人的な味わいの好みでいえば、もうちょっと甘い感じならアリだったかなー。

アサヒスタイルフリー アサヒビール

アサヒスタイルフリー アサヒビール」を飲んでみました。

アサヒ スタイルフリー | アサヒビール

原材料は「麦芽・ホップ・糖類・カラメル色素・酵母エキス・大豆ペプチド」、アルコール度数は4%です。

飲んでみた感想は「スッキリしているというと聞こえはいいけれど、味が感じられるような感じられないような微妙なライン」といったところです。スッキリ具合はアサヒスーパードライに通じるものがあって、飲むと「あ、アサヒのお酒だ」というのがよく分かります。

「個人的に飲める発泡酒か、飲めない発泡酒か?」で考えると、アサヒスタイルフリーは「飲める発泡酒」の部類に入ります。ただ、サントリーのゼロナマと比較すると、ゼロナマを飲むかな~。

糖質ゼロ発泡酒 ゼロナマ サントリー

糖質ゼロ発泡酒 ゼロナマ サントリー」を飲んでみました。

糖質ゼロ発泡酒 ゼロナマ サントリー

藤岡弘さんが汗いっぱいで画面に映るCMが印象的です。それにしても最近「糖質ゼロ」といううたい文句をよく耳にしますね。

原材料は「麦芽、ホップ、糖類、酵母エキス」です。糖質ゼロの発泡酒に含まれている糖類とはなんだろうと思ったら、ネットでも同じ疑問を持つ人はけっこういるみたいで、Q&Aがいくつか見つかりました。
けど、いずれも栄養学的な話のようで、一般人には少し難しいですね。

消費者にとって気になるのは、糖質や糖類の違いでなく、やっぱりその味です。
ゼロナマを飲んでみた感想はずばり「味はうすいけど、おいしい」です。「ん?」となるようなへんな甘さなどはまったくなく、「ほのかなビール味」という感じでした。炭酸の勢いに負けてしまって、味がするのかしないのかはっきりとわからない時もありますが、それでも好印象です。

アルコール度数が4%ということを考えるとお酒にそんなに強くない人や、糖質ゼロを魅力的に感じる人なら、ゼロナマは普通に飲めますよ。おすすめです。