ホップの真実を早く飲まないと・・・。

この2~3日、ブログのアクセスがのびてるなーと思ったら、理由は9月9日に新発売されたキリンビールの「ホップの真実」の検索からのアクセスが伸びている模様。

気がつけば、店頭にアサヒの「ポイントゼロ」も並んでいるし、新製品はがんばって飲んでいかないといけないな、と思う今日この頃でした。

業界初、新ジャンル業務用樽詰「サッポロ 麦とホップ」全国発売、だとか。

「ビールと間違えるほどのうまさ」のキャッチコピーで有名なサッポロビールの「麦とホップ」が、このたび“業務用”として発売されるそうです。

2009年9月2日
業界初、新ジャンル業務用樽詰「サッポロ 麦とホップ」全国発売のお知らせ

サッポロビール株式会社(本社・東京、社長・福永 勝)では、新ジャンル商品、「サッポロ 麦とホップ」の業務用樽詰商品10L・20Lを2009年9月30日(水)より全国発売します。
現在、ビールテイストの飲食店向け業務用樽詰商品は「ビール」と「発泡酒」しかなく、「新ジャンル」カテゴリーでの販売は、業界で初めての試みとなります。

公式のニュースリリースはこちら ⇒ http://www.sapporobeer.jp/CGI/newsrelease/detail/00000188/list_link

“新ジャンル”カテゴリーのお酒が業務用の樽詰商品として発売されるのは麦とホップが初めてとのこと。

そういえば、ビールは当然のこととして、発泡酒の麒麟淡麗<生>が居酒屋でメニューに載っているのを見たことはありますが、新ジャンルはなかったかも。

花見のシーズンに桜を見ながら缶で飲むならともかく、「居酒屋行ってあえて新ジャンル」というのがはたしてありうるのかどうか(東京ドームに野球観戦に行って、試合そっちのけでパワプロやってる感じ?)、だったら行かなきゃいいじゃん的な雰囲気がなくもない気もしますが、まぁ、ニーズがあう人にはうれしいニュースなんでしょう、きっと。

自分はぜったいやらんですけどね、居酒屋と新ジャンルのコラボ。生中ジョッキ一杯280円の居酒屋とか、一人で行っても飲み放題コースにできる居酒屋も増えてきてるのに、だったらわざわざ居酒屋行かないって。と、そんな気がしてならないです。

【新発売】09年10月6日「ジョッキ生8クリアストロング」発売

サントリーから「ジョッキ」ブランドの新商品の案内がありました。

「ジョッキ生8クリアストロング」発売
― アルコール分8%の“豪快な飲みごたえ”と“飲みやすさ”を両立 ―

公式のニュースリリースはこちら ⇒ http://www.suntory.co.jp/news/2009/10510.html*

キリンのストロングセブンが出た時は“アルコール強め”というジャンルも成立するんだなーと、新規市場の開拓に熱心なビールメーカの姿勢に軽く感動したんですが、8%とかが出てくるようになると「アルコール度数合戦」してるみたいで、今度は逆に、迷走してるなーと感じてしまったりもしました。

とはいえ、新発売があることはブログのネタとして大歓迎。10月6日、発売された飲んでみようと思います、ジョッキ生8クリアストロング。

【感想】アサヒスタイルフリー その2‐アサヒビール

「糖質オフ(糖質ゼロ)シリーズをあれこれ飲んでもう一回感想を書こう」シリーズ第4弾! 今日はアサヒビールのアサヒスタイルフリー*です。糖質ゼロ(※栄養表示基準に基づき、糖質0.5g(100ml当たり)未満を糖質0(ゼロ)としています)のお酒です。

アサヒスタイルフリー
アサヒスタイルフリー

以前に、アサヒスタイルフリーを飲んだ時の感想は、

飲んでみた感想は「スッキリしているというと聞こえはいいけれど、味が感じられるような感じられないような微妙なライン」といったところです。スッキリ具合はアサヒスーパードライに通じるものがあって、飲むと「あ、アサヒのお酒だ」というのがよく分かります。

でした。

今回、アサヒスタイルフリーを飲んでみた感想は「これをビール(発泡酒)系のお酒と思って飲んだら負けかもしれない」です。

あらためてアサヒスタイルフリーを飲んでみても、やっぱり“味が感じられるような感じられないような微妙なライン”という感想は以前と変わらずでした。あまり冷やしていないスタイルフリーには、口に含んだ瞬間に一瞬口の中に広がる酸味と苦味は半々に混ざり合ったような味わいがあります。
よく冷やしてしまうと、そのほのかな味わいもほとんど感じられなくなってしまいます。

味わいが感じられないので当然、おいしいもおいしくないもありません。きっと、これをビール好きの人が晩酌の友としてのむのは、アサヒスタイルフリーの活かしどころではないんでしょう。

ただ、味わいが乏しい分、アサヒスタイルフリーを飲むと口の中をリセットしてくれるような感覚があります。「アルコールの入ったお水」と、そこまでスタイルフリーが無味無臭だとはいいませんが、揚げ物みたいにちょっとコッテリしたものや味のしっかりした料理を食べるときに一緒に飲めば、口の中をすっきりさせつつ料理もおいしくいただくことができる。アサヒスタイルフリーの組合せとしてはけっこう間違ってないような気がします。

あと、飲む本数を重ねても味が変わらないので、すいすい飲めてすいすい酔えるのが楽しいです。糖質ゼロなので多めに飲んでもメタボが気になりにくいのも安心材料です。

【感想】淡麗グリーンラベル その③‐キリンビール

タイジュウヘラナイヨー記念! 「糖質オフ(糖質ゼロ)シリーズをあれこれ飲んでもう一回感想を」コーナーも早いもので今回が3回目となりました。

今回はこれ、そうキリンビールの淡麗グリーンラベルです。

淡麗グリーンラベル その?‐キリンビール
淡麗グリーンラベル その③

タイトルの“その③”からもわかるとおり、淡麗グリーンラベルの感想書くのはこれで3回目。今のところ、当ブログの中で感想書いた回数が一番多いことになります。何でしょう? 自分的に隠れた人気銘柄なんでしょうか、淡麗グリーンラベル。

淡麗グリーンラベルの1回目の感想は、

淡麗グリーンラベルを飲んでみた感想は「麒麟淡麗<生>を少し水っぽくした感じ」です。
「味が薄くなっている」とか「違う味が混ざっている」とかでなく、これはもう「水っぽい(シャビシャビしている)」という表現の方がしっくりきます。

で、2回目の感想は、

最近飲んだ発泡酒(新ジャンル)にくらべて、少し炭酸がキツめで酸味があるように感じられます。ジンジャーエールっぽいといえるような気もしますが、味わ いとしてはおかしな感じはありません。“ビールの苦味”をなにがしかの方法で再現した(再現しようとした)という印象でしょうか。

でした。

淡麗グリーンラベルを飲んだ3回目の感想は「安心して飲める」でした。

糖質オフとか糖質ゼロとか特徴にすると、たいてい、コクがはっきりとはしなくなるものですが、ポジティブに考えれば、へたにヘンな味わいのビール(発泡酒)を飲まされるよりよっぽど安心して(=不安なく)飲むことができる、と言い換えることができます。
以前だったら、「シャビシャビしてる」と評してしまうところですが、最近“スッキリ系”という感じでキレはすばらしい代わりにコクがあんまりーという銘柄が多いような気がするのとリンクするのか、そういうのを飲んでいてもあんまりコクにこだわらなくなってきているのかもしれません。