Sparkling Hop(スパークリングホップ) – キリンビール

ホップがこんなにフルーティ「Sparkling Hop(スパークリングホップ) 」を飲んでみました。

Sparkling Hop(スパークリングホップ) - キリンビール

原材料は「発泡酒・大麦スピリッツ」で、アルコール度数は5%です。

スパークリングホップを飲んでみた感想ですが、これはもうまったく別のお酒、ビールに由来するお酒じゃないですね。

飲み始めから、(おそらく)ホップによるところの大きい「まろやかな甘さ」が口の中に広がります。
「いかにビールの味に近づくことができるか」という感じはまったくなくて、「こういう新しいお酒です」と言われた方がしっくりきます。

発泡酒以降のいわゆる「第三のビール」のことをメーカーは「新ジャンル」と呼びますが(※正確にはビールではないので、誤認を避けるため)、まさに「フルーティな、新(これまでにない)ジャンルのお酒」といった感じです。

クリアアサヒ アサヒビール

仕事が多少忙しく、ずいぶんと間のあいた更新になりましたが、「クリアアサヒ[澄み切り二段発酵]*」を飲んでみました。

*[澄み切り二段発酵]とは、クリアな味を実現するため、原材料の発泡酒で採用している発行方法だそうです。

缶ラベル、澄み切り二段発酵の下に書いてあったのは、

Clear Aashi is brewed with select barley malt, hops and grains by using out pure cultured yeast. Its unique brewing process creates a distinctively hold, clear and smooth taste.

でした。で、翻訳してみました。

明確なAashiは、選んだ大麦モルト、ホップ、および粒で出ている純粋な洗練されたイーストを使用することによって、醸造されます。 ユニークな進行中の過程ははっきりとaを作成します。成立してください、そして、クリアしてください、そして、滑らかに、味がしてください。

明らかに誤訳なのでまあこれはこれで。・・・すみません、ネタです。

さて、原材料は「発泡酒(麦芽・ホップ・大麦・コーン・スターチ)、スピリッツ(大麦)」で、アルコール度数は5%です。

どのメーカーもそうですが、リキュール(発泡性)①は、基本、麦に由来する原料を使用しているので、その他の雑種を飲んだ時のようなそんな変な味のする銘柄は今のところほとんどないですね。

クリアアサヒを飲んだ感想は「後味がちょっと違う気がする」でしょうか。

炭酸の強さの中にほんのりとそれぞれの味わいがただようリキュール(発泡性)①に共通する飲み味は変わらずで、サントリーの金麦と同じく味わいにはまとまりがあって、ビールや発泡酒とは違う味がするようなことはなかったです。
金麦と比べると、よりしっかり味がついているんですが、いつものように本数を重ねていると、最後の最後に口の中に残る苦味が他の銘柄とはなにか違っているような気がしてきました。

微妙な感じなので、単に自分の気のせい(もしくは飲みすぎただけ)かもしれませんが、そこにクリアアサヒの特徴といえる部分があるような気もします。これは今後も追跡調査です。

金のうまさに、麦のコク 金麦 サントリー

金のうまさに、麦のコク 金麦 サントリー」を飲んでみました。

金のうまさに、麦のコク 金麦 サントリー

原材料は「発泡酒・スピリッツ(小麦)・炭酸ガス含有」で、アルコール度数は5%です。

缶の印字に“麦のうまさにこだわった、リッチな「コク・旨み」をお楽しみください。”と書いてありますが、金麦を飲んだ感想は「どちらかというと、あっさりしすぎではなかろうか?」と感じました、・・・んですが、どうだろう、ひょっとしたらこれ、冷やしすぎたのかな。

ただ、味わいとしてはまとまりがあって、水っぽさを感じることもありません。
発泡酒(正確には新ジャンル)を飲んだ感想としてはおかしいですが、「ほんのりとしたおいしい味わい」という表現がしっくりくるような気がします。

何より、缶のデザインがかっこいいですし。

「リキュール(発泡性)(1)」として飲むなら、今のところこれかなって思います。

何より、缶のデザインがかっこいいですし。

あじわい アサヒビール

大麦由来原料99.9% あじわい アサヒビール」を飲んでみました。

アサヒ「あじわい」 |  アサヒビール

リキュール(発泡性)(1)に分類されるお酒です。

原材料は「発泡酒(麦芽・ホップ・大麦)、スピリッツ(大麦)」と書かれています。原材料を大別すると、発泡酒とスピリッツからできているという感じみたいです。ブレンドして味を出しているんでしょうか。アルコール度数は5%です。

飲んでみた感想は「苦味はあるけれど、どことなく他のお酒と違う苦味」といった感じ。正しく表現できているか分かりませんが「焦がしたような苦味」というイメージを持ちました。缶から口を離した後に広がる後味は、スピリッツのせいでしょうか、酸味が強く残ります。

あじわいという名前のとおり、全体的に上手にまとまっている感じで、あじわって飲むことができる、そんな印象です。あとは、飲む人が「好きな味」と感じるかどうか、好みの問題になるでしょうか。