【感想】hite d(ハイト ディー)Dry Finish‐眞露ジャパン

このあいだ、近くのローソンでこれまで見たことのないビールがあったので、さっそく買ってみました。

その名も「hite d(ハイト ディー)Dry Finish」

hite d(ハイト ディー)Dry Finish‐眞露ジャパン
hite d(ハイト ディー)Dry Finish‐眞露ジャパン

最初見たときは、缶ラベルのデザインの雰囲気から、チューハイ系かなっと思ったんですが、よくよく見ると「生ビール(非熱処理)」印字がありました。

「どこがつくっているのやら?」「はたまたどこかの会社が輸入したのやら」と思って製造元を見てみると、なんと「眞露(JINRO)ジャパン」

あのJINROやチャミスルをつくっている会社じゃありませんか。JINROは実際に飲んだことはありませんが、チャミスルはおいしいですよね。

昨年の10月に韓国で新発売された「hite d(ハイト ディー)」は、今年の5月から日本国内での発売が開始されたそうです。

「hite d(ハイト ディー)」の 「d(ディー)」は、

  • dry Finish
    最後まで残るドライの味を実現。雑味の残らないピュアドライ以外のすべてを取り除いた味わい。
  • dry Yeast
    ビールの味は麦芽を水に変える酵母の役割が核となり、5 年の研究期間/試行錯誤を重ね、ついに最適な味わいを実現する特別な「Dry Yeast」を発見しました。
  • danbrew Alectia
    世界最高のビール研究所であるデンマークのDanbrew Alectia(ダンブリュー アレクティア)社との共同開発を通じて誕生。105 段階の開発過程、67 の官能検査、5 年の開発期間等、比類無い投資により開発されました。
  • design
    シャープな味わいを表現するための極めてシンプルなデザイン。商品のイメージを最も強く伝えるべく、鋭いスチールの背景とロゴが突き刺さるように表現され、新しい味に向き合ったデザインに成功しています。

とのこと。辛口が、「hite d(ハイト ディー)」の特徴のようです。

「hite d(ハイト ディー)」の原材料は「麦芽・ホップ・コーンスターチ」でアルコール度数は5%です。「hite d(ハイト ディー)」のカロリーは100mlあたり41kcalなので、350ml缶を1本を飲むと143.5kcalになります。「hite d(ハイト ディー)」のラインナップは350ml缶のみで、ビンやロング缶(500ml缶)はありません。

「hite d(ハイト ディー)」を飲んでみた感想ですが、「アサヒスーパードライをさらにスッキリさせた爽快な味わい」でした。ああ、これはキリンビール好きな人(アンチ・スーパードライな人)が、「味がスカスカ」とか「軽薄な味わい」とかいって酷評するタイプのビールだな、と飲んで率直に思いました。

自分は逆にアサヒスーパードライ派なので、このスッキリ辛口な感じはむしろ好印象です。スーパードライがないときに「hite d(ハイト ディー)」出されても、たぶん、喜んで飲めると思います。

「じゃあ、ずっと「hite d(ハイト ディー)」でいいじゃん、韓国のお酒だからひょっとして、アサヒスーパードライよりもお安くのめるんじゃなかろうか」と思って値段を調べてみましたが、意外にもアサヒスーパードライのが少しばかりお安いようです。

楽天でざっと見ただだけですが、アサヒスーパードライの1ケース(350ml×24本入り)がだいたい4500円くらいなのに対し、「hite d(ハイト ディー)」は4700円~4800円くらいでした。1ケース250円違うと考えて、1缶あたり約10円高い計算になります。「hite d(ハイト ディー)」のケースを取り扱っている楽天ショップも2店舗しかなかったので、このあたりは販売量による価格のメリットがモロにでちゃってるみたいですね。

家飲みは、発泡酒か新ジャンルばっかりですが、たまに外で飲むときはやっぱりアサヒスーパードライな自分です。アサヒスーパードライを飲む理由がなくならなくてちょっと一安心。だって、1缶あたり10円も高いんですから。やっぱり安いほうを飲みますよね。

 

【感想】キリン秋味 2011‐キリンビール

おひさしぶりのブログ更新です。またぞろ更新がんばっていきたいと思います。

4ヶ月ぶりのブログ更新の題材に選ばれたのは、発売21年目を迎える「キリン秋味」です。

キリン秋味の公式ホームページはこちら
KIRIN_ニュースリリース_2011.7.6_発売21年目の秋の定番ビール「キリン秋味」を発売
http://www.kirin.co.jp/company/news/2011/0706_01.html

KIRIN_キリン 秋味
http://www.kirin.co.jp/brands/akiaji/

キリビールの秋の定番がちょうど8月24日から発売されていましたので飲んでみました。

キリン秋味 - キリンビール
キリン秋味 - キリンビール

キリン秋味は発泡酒でなく、れっきとしたビールです。これ、去年秋味の感想を書いた時も書きました。「生」の文字がないので、生ビールではないみたいですね。はい、これも去年書きました。パッケージデザインも去年と同じっぽいですし、中味も去年と同じって考えちゃっていんでしょうかね、今年は。

キリン秋味のコンセプトは、味覚の秋にふさわしい、しっかりとしたコクと飲みごたえのビールです。

キリン秋味の特徴は、

  • 通常ビールの約1.3本分の麦芽をたっぷりと使用
  • アルコール度数は少し高めの6%

です。

キリン秋味の原材料は「麦芽・ホップ・米・コーン・スターチ」で、アルコール度数は6%です。
キリン秋味のカロリーは100mlあたり49kcal、ロング缶(500ml缶)1本を飲むと245kcalになります。

このあたりは、発売20年と節目の年を迎えた去年の秋味とまったく変わりありません。

キリン秋味を飲んでみた感想ですが「苦味もしっかりしていて、ビールを飲んでいる楽しさがありますが、味わいが濃すぎる感じがあるので、キリン秋味だけ単独で飲むよりも、キリンビールのコンセプトにある通りにおいしい秋の味覚と一緒に味わうのが正解」だろうと思います。

キリン秋味だけで飲んでいると、コク・味わい・アルコールのいずれもちょっとキツいビールって印象で終わってしまいそうです。

キリン秋味を飲んでいると、個人的には「醤油をサッとたらした大根おろし」がなんだか食べたくなります。ってことは、秋の味覚に大根おろしとくると、やっぱりサンマ。ん~、いいんじゃないでしょうか。

 

 

【感想】キリン秋味‐キリンビール

今年で20年目を迎える「キリン秋味」が、8月25日から発売されましたので、さっそく飲んでみました。

キリン秋味は発泡酒でなく、れっきとしたビールです。でも、「生」の文字がないので、生ビールではないみたいですね。

キリン秋味‐キリンビール
キリン秋味‐キリンビール

キリン秋味の公式ホームページはこちら

KIRIN_秋味<おかげさまで発売20年目>
http://www.kirin.co.jp/brands/akiaji/

キリン秋味のコンセプトは、秋の味覚にふさわしい旬の食材を楽しみながら、じっくりと味わえる「コク、味わいのビール」です。

キリン秋味の特徴は、

  • 秋の味覚との相性が良く、じっくりと味わえるコクのあるビール
  • 麦芽をたっぷり1.3本分(当社比)使用。少し高めのアルコール6%で、豊かな味わいと飲みごたえ

です。

キリン秋味の原材料は「麦芽・ホップ・米・コーン・スターチ」で、アルコール度数は6%です。
キリン秋味のカロリーは100mlあたり49kcal、ロング缶(500ml缶)1本を飲むと245kcalになります。

キリン秋味を飲んでみた感想ですが「濃厚な味わいはビールだけあってさすがにおいしい」です。

苦味もしっかりしていて、ビール好きにはたまりません。ただ、ちょっと味わいが濃すぎる感じもあるので、今回の自分のようにキリン秋味だけで飲むんではなく、コンセプト通り、おいしい秋の味覚と一緒に味わうのが正解だろうな~」と思いました。単独で飲んでると、アルコールがちょっとキツいかなって感じてしまいます、キリン秋味。

明日は、名前も缶ラベルのデザイモ似ていて間違えやすい、サントリーの「旨味たっぷり 秋楽」を飲んでみたいと思います。

【新発売】発売20年目の秋の定番ビール「キリン秋味」を発売

キリンビールの秋の定番「キリン秋味」が今年も8月25日から全国で発売されます。

今年は発売開始から20年目の節目を迎え るそうです。

~麦芽たっぷり1.3本分(当社比)使用。秋の味覚にあった限定醸造ビール~
発 売20年目の秋の定番ビール「キリン秋味」を発売

1991年に発売し、今年で20年目を迎える「キリン秋味」 は、当社通常ビールの約1.3本分の麦芽をたっぷりと使用、アルコール度数は少し高めの6%と、味覚の秋にふさわしい、しっかりとしたコクと飲みごたえの ビールです。当社の調査でも、秋に楽しむビールには、「コク」や「味わい」「うまみ」といった味覚への期待や、旬の食材と一緒に楽しみたいといったニーズ が一層高まる傾向にあります。「キリン秋味」は、こうした味覚ニーズをとらえた、秋に楽しみたいビールとして毎年高い評価をいただいています。今年も、旬 の食材が豊富な秋にふさわしいこだわりのビールとして発売します。

http://www.kirin.co.jp/company/news/2010/0526b_01.html

秋は食べ物のおいしい季節。おいしい食材に負けない、しっかりとしたコクと飲みごたえのビール。季節はこれから梅雨をはさんで夏を迎えようかというところですが、早くも秋が待ち遠しくなりますね。

といっても、発売の開始される8月25日はまだまだ夏真っ盛りでしょうけど。

【感想】秋味‐キリンビール

今年で19年目を迎える秋の定番「キリン秋味」が今年も8月26日から発売されています。

キリン秋味<秋だけの限定醸造>‐キリンビール
キリン秋味<秋だけの限定醸造>‐キリンビール

発泡酒ではありませんが、せっかくの期間限定、年に一度のチャンスなので飲んでみたいと思います。

ニュースリリースにもあるように、秋味の特徴はコクと味わい。何かと食べ物のおいしい秋。通常のビールの約1.3本分の麦芽をたっぷりと使用し、アルコール度数は少し高めの6%で、秋の味覚にまけないしっかりとしたコクと飲みごたえのビールです。

秋味の原材料は「麦芽・ホップ・米・コーン・スターチ」でアルコール度数は6%。ビールの原材料というとたいてい「麦芽・ホップ」だけ、ということが多いので、米とかコーンとかスターチが入っているのはちょっと珍しいような気がします。

秋味を飲んでみた感想ですが「味わいについてはたしかに他のビールより濃厚」に感じました。ただし、苦味が強いとかでなくアルコールが強いという印象を感じました。麦芽やホップの味わいじゃあない、米かコーンかスターチ、もしくはアルコール度数が影響しているのかなーと思います。

アサヒビールのアサヒ ザ・マスターを飲んだ感想を書いたときは、

アサヒザ・マスターの味わいは、エグいと感じる他の発泡酒(新ジャンル)のアルコール味(スピリッツの味)と近い感じがあります。ただそれが、嫌味にならないところでスッとキレていくので、まったくエグいとは感じませんし、むしろ「ああ、本来、ビールの苦みっていうのはこういうのをいうんだ。」という思いさえ抱かせます。
方向は同じなのに、キレるタイミングでおいしいと感じられるか感じられないかが分かれるビールってやっぱり奥深いです。

なんてことを書いてます。

秋味もアサヒ ザ・マスターも味わいの方向は同じなので(アサヒ ザ・マスターの方が味わいは濃いと思います)、アサヒ ザ・マスターをあれだけベタボメしたんであれば、秋味についても通常のビールに比べて1.3倍くらいは味わいの濃い、スペック通りのビールとして好印象を持たなければいけないはず。

それなのに、アルコールが強い感じを「ちょっと残念」的に感じてしまうのは、米とかコーンとかスターチが入ってるーというイメージから来ているんでしょう、きっと。米とかコーンとかスターチからダメ~なんて感じてしまうのは、自分の知識不足か偏見なんだろうとは思います。

ちょっと濃い目のおいしいビール、秋味はそういってよいと思います。