【感想】アサヒ ザ・マスター – アサヒビール

5月26日(火)、全国で発売が開始されたアサヒビールのアサヒ ザ・マスターです。

最近、このアサヒ ザ・マスターがコンビニの店頭でなんだかやたらと目立っていてとても気になったので、飲んでみることにしました。はい、アサヒ ザ・マスターは発泡酒じゃありません。麦芽100%のれっきとした生ビールです。

アサヒ ザ・マスター
アサヒ ザ・マスター

アサヒ ザ・マスターのニュースリリースlist_linkを見るとひしひしと伝わってきますが、ようするに本場ドイツのビール製法にのっとって醸造された“本格派のビール”ということらしいです。

ニュースリリースでは、

ビール類市場は新ジャンルが大きく伸び、ビール・発泡酒は前年割れで推移していますが、お客様はビール・発泡酒・新ジャンルの3種類を飲み分けている傾向にあり、飲み分ける際にビールを選択する理由が明確になってきています。そうした中、当社調査によると、お客様がビールを選択する理由としては、くつろぎ・報酬といった「ビールならではの価値」への期待と、味・嗜好については「コク・味わい深さ」への期待が高まっていることがわかりました。

と書かれています。たしかに、自分も普段は発泡酒を飲んでいて、ビールは「週末とか、仕事頑張った(疲れた)時のちょっとしたご褒美」っていう感覚ありますね。いや、まぁ、「ご褒美の回数多すぎじゃない?」という説もなきにしもあらず、なんですけど・・・。

“【感想】アサヒ ザ・マスター – アサヒビール” の続きを読む