【感想】アサヒ ストロングオフ‐アサヒビール

先日、ビールメーカー各社のニュースリリースを見ていて、

というか・・・、あっ、アサヒのストロングオフを飲んだ感想がない! ストロングオフ飲んでなかった!

こいつは急いで飲んでみなければなりません。

といっていた発泡酒「アサヒ ストロングオフ」を飲んでみました。

アサヒ ストロングオフ‐アサヒビール
アサヒ ストロングオフ‐アサヒビール

アサヒ ストロングオフはリキュール(発泡性)①のお酒で、その特徴はずばり“業界初!『アルコール分7%』×『糖質60%オフ』の新ジャンル!”ということ。

ストロング(=アルコール強め)な発泡酒というと、サントリーのジョッキ生8クリアストロングやキリンビールのSTRONG SEVEN(ストロングセブン)などがあげられますが、これまでに飲んでみた感想はいずれもあまりよろしくない感想ばかりでした。発売のタイミング的には、キリンビール、サントリーについで追っかけの形になったアサヒ ストロングオフはその前例をくつがえせるんでしょうか。

アサヒ ストロングオフの原材料は「発泡酒(麦芽・ホップ・糖類・食物繊維・酵母エキス)・スピリッツ(大麦)」で、アルコール度数は7%です。

アサヒ ストロングオフを飲んでみた感想ですが「やっぱり残念な感じ」でした。

アルコール味が強いのはサントリーのジョッキ生8クリアストロングやキリンビールのSTRONG SEVEN(ストロングセブン)と同じです。ただ、味わいにエグ味がないので飲みにくくはありません。後味も悪くありません、スッキリとはいいがたいですが、、、。

なんというか「全体的に濃い味つけ」って感じが好みを分けるような気がしました。チューハイなどライトなテイストが大好きな若者向けの銘柄ではないですね、アサヒ ストロングオフ。

言葉は悪いですが「安く酔いたい」というか、とにかくガッツリ酔いたい人向け(イメージではオヤジ世代?)なのかなって感じがしました。そういえば、ですが糖質60%オフですし、好みがあう人にとってはたまらない銘柄なのかもしれません。

【新着情報】10年08月下旬「アサヒ ストロングオフ」クオリティアップ

アサヒの発泡酒ストロングオフがクオリティアップするそうです。

業界初!「アルコール分7%」×「糖質60%オフ※1」で大好評!!
『アサヒ ストロングオフ』クオリティアップ
~「グッとくる飲みごたえ」はそのままに、後味のすっきり感をアップ~

アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 泉谷直木)は、本年3月の発売以来、ご好評をいただいている新ジャンル商品『アサヒ ストロングオフ』につき、クオリティアップを実施し、本年8月下旬製造品から順次切り替えます。

■『アサヒ ストロングオフ』クオリティアップについて
・中味については、特長の「グッとくる飲みごたえ」はそのままに、原麦汁エキス濃度を見直すことで、味のバランスを調整し、後味のすっきり感をアップ。さらなるうまさを実現しました。
・パッケージは、現状のデザインを踏襲しつつ、店頭での視認性をより高めるため、缶体上部に「グッとくるうまさ」と記載した赤いアイコンを入れ込みました。

http://www.asahibeer.co.jp/news/2010/0708.html

どんな銘柄にせよ、クオリティアップするのはよいことです。

というか・・・、あっ、アサヒのストロングオフを飲んだ感想がない! ストロングオフ飲んでなかった!

こいつは急いで飲んでみなければなりません。

【感想】ジョッキ生8クリアストロング‐サントリー

サントリーから10月6日に新発売された“豪快な飲みごたえ”と“飲みやすさ”を両立させた、アルコール度数高めのストロングタイプの新ジャンル「ジョッキ生8クリアストロング」を飲んでみました。

ジョッキ生8クリアストロング‐サントリー
ジョッキ生8クリアストロング‐サントリー

「ジョッキ生8クリアストロング新発売」のニュースリリースを見たときは、

キリンのストロングセブンが出た時は“アルコール強め”というジャンルも成立するんだなーと、新規市場の開拓に熱心なビールメーカの姿勢に軽く感動したんですが、8%とかが出てくるようになると「アルコール度数合戦」してるみたいで、今度は逆に、迷走してるなーと感じてしまったりもしました。

などとナマイキなことを書いてました。でも「次は、キリンビールからストロングナインが新発売されたりして・・・」なんて笑い話がでてきそうな、アルコール度数合戦ぽいものは、確かにあるような気がします。

ジョッキ生8クリアストロングの原材料は「ホップ・コーン・糖類・醸造アルコール・食物繊維・酵母エキス・コーンたんぱく分解物・酸味料・香料・カラメル色素・クエン酸K・甘味料(アセスルファムK・スクラロース)・苦味料・炭酸ガス含有」でアルコール度数は8%です。

原材料の多さはもはやジョッキ生の代名詞といってもよいかもしれません。

さて、肝心のジョッキ生8クリアストロングを飲んでみた感想ですが「飲みやすいけど、おいしくない」です。なんというか、安い日本酒のような味がして、ビールテイストという感じはしません。昔、プラモデルを作った時の接着剤の風味というかシンナーの風味というか、工業用アルコールっていうんですか、なんだかそんな感じの味わいに感じました。

そんな味わいなのですが、アルコールもそれほどストロングな感じはせず、工業用アルコールの味わいもスッとキレていって後味もそんなに悪くないので、飲みやすくなくはありません。

ただ、まぁ、ざっくばらんにいってしまってよいのかどうか迷いますが、多分、二度と飲まないと思います。

【新発売】09年10月6日「ジョッキ生8クリアストロング」発売

サントリーから「ジョッキ」ブランドの新商品の案内がありました。

「ジョッキ生8クリアストロング」発売
― アルコール分8%の“豪快な飲みごたえ”と“飲みやすさ”を両立 ―

公式のニュースリリースはこちら ⇒ http://www.suntory.co.jp/news/2009/10510.html*

キリンのストロングセブンが出た時は“アルコール強め”というジャンルも成立するんだなーと、新規市場の開拓に熱心なビールメーカの姿勢に軽く感動したんですが、8%とかが出てくるようになると「アルコール度数合戦」してるみたいで、今度は逆に、迷走してるなーと感じてしまったりもしました。

とはいえ、新発売があることはブログのネタとして大歓迎。10月6日、発売された飲んでみようと思います、ジョッキ生8クリアストロング。

【感想】リニューアル STRONG SEVEN(ストロングセブン) – キリンビール

タイトルがなんだか長くなってしまいましたが、5月中旬から、パッケージデザインとあわせて中身も新たにリニューアルされるといわれていたキリンのSTRONG SEVEN(ストロングセブン)。勇み足でリニューアル前のSTRONG SEVEN(ストロングセブン)を買ってしまったりもありましたが、ようやく見つけることができました。

STRONG SEVEN(ストロングセブン) - キリンビール
STRONG SEVEN(ストロングセブン) - キリンビール

パッケージデザインはというと、おお!確かに新しくなっています。今度は間違いじゃないです。 “【感想】リニューアル STRONG SEVEN(ストロングセブン) – キリンビール” の続きを読む