【新発売】10年10月13日「サッポロ 冬物語」限定発売

サッポロビールから冬の定番、「サッポロ 冬物語」が発売されます。冬の定番とはいいつつ、去年は発売されてなかったんですね。

サッポロビール株式会社は、「サッポロ 冬物語」を2010年10月13日(水)より全国で限定発売します。
「サッポロ 冬物語」は、1988年から21年間発売していた冬季限定のロングセラー商品です。昨年は販売を休止していましたが、多くのお客様から、再発売のご要望をいただきました。その声にお応えし、中味をブラッシュアップして、2年ぶりに発売します。

本年の「冬物語」は、日本で初めて炭焼き麦芽(注1)を一部使用、さらに今までと同様のオールインフュージョン製法(注2)を採用することで、通常のピルスナービールよりもやや深みのある色と、コクがありながらも澄んだ後味を実現しています。寒い冬の季節に温かみを感じる、「色までおいしい、ビール」に 仕上げました。

(注1) 当社調べ。炭は備長炭を使用。
(注2) 糖化工程(麦芽のデンプンを糖化する工程)で一切煮沸をせず、マイシェ(麦芽をお湯に浸して粥状にしてもの)全部の温度を段階的に上げていく方法。

http://www.sapporobeer.jp/news_release/0000020032/

「サッポロ 冬物語」は、麦芽100%の生ビール。発泡酒でもなく、新ジャンル(第三のビール)でもありません。“冬限定”はおいしい銘柄が多いです。2年ぶりの冬物語もぜひ飲んでみたいと思います。

「ラッキーヱビス」に普通に出会える!?(Excite Bit コネタ)

自分は知らなかったんですが、ヱビスビールには、「ラッキーヱビス」というものがあるそうです。

「ラッキーヱビス」に普通に出会える!?(Excite Bit コネタ)‐エキサイトニュース

http://www.excite.co.jp/News/bit/E1280219592554.html

「コアラのマーチ」でいうところの「まゆげコアラ」みたいなやつですね。

「通常ヱビスビールのラベルは、恵比寿様が鯛を1匹抱えていますが、ラッキーヱビスは後ろにある魚篭からも鯛のしっぽがのぞいています。2匹の鯛がいるラッキーヱビスは人気がありますが、このラベルは瓶製品の数百本に1本あるもので、なかなか欲しくても見つけられないお客様が多い」そう。

これまで瓶ビールだけのレアアイテムだったものが、缶ビールバージョンも発売されるそうです。

今年は特別に、「ヱビスビール」が1890年に発売を開始して120年を迎えたことを記念してみなさんに提供しようということで7月28日(水)から「商売繁盛ラッキーヱビス缶」を発売。みなさんのご要望にこたえたいという担当者の熱い気持ちでついに商品化!
さらにここのところの不景気を払拭したいという意味もあって、いつものラッキーヱビスのラベルに「商売繁盛」という文字を入れたんだとか。

へぇ、こいつは夏から縁起がいいですね(見つけたら、の話ですけど)。自分もコンビニでちょっとだけ気にしてみていみたいと思います。できることなら手に入れてみたいですね、ラッキーヱビス。

【新発売】10年09月22日クリーミーホワイト‐サッポロビール

今年の春頃、近畿圏のみで限定発売されていたクリーミーホワイトがサッポロビールから全国発売されることになりました。

新ジャンル「サッポロ クリーミーホワイト」全国発売のお知らせ
~近畿圏から全国へ・・・クリーミーな泡にこだわった新ジャンル~

サッポロビール株式会社は、新ジャンル「サッポロ クリーミーホワイト」を2010年9月22日(水)より全国で発売します。
この商品は、3月に近畿圏で期間限定発売し、販売計画の5万函を5日で達成。最終的に計画比150%となる7万5千函の販売実績を背景に、お客様の声にお応えして、全国発売するものです。

開発では、お客様の新ジャンルに対する未充足ニーズ(=ビールらしさ、品質感など)を掘り起こすとともに、“サッポロらしさ”にもとことんこだわりまし た。誰もが実感できる新しい価値として“泡”の存在に着目し、独自の新技術「クリーミーテイスト製法(注1)(特許出願中)」を採用することで、新ジャン ルではきわめて画期的な、“白くクリーミーな泡とまろやかな味わい”を実現することに成功しました。

http://www.sapporobeer.jp/news_release/0000020030/

クリーミーホワイトは、飲んでとてもおいしかったです。こいつはうれしいニュースですね。

【新発売】10年06月23日「サッポロ アイスラガー」新発売

サッポロビールから、「サッポロ クリーミーホワイト」と同じ開発手法でつくられた、第2弾商品が発売されるそうです。クリーミーホワイトは、なかなかおいしかったので、こいつは楽しみです。

「サッポロ アイスラガー」新発売
~“うまみをギュッと、氷点熟成”で、凍る寸前のうまさを体感~

「サッポロ アイスラガー」は、当社のルーツである北海道の開拓使麦酒醸造所からこだわってきた醸造技術を活かしてつくった新ジャンルです。高濃度麦汁を使用し、凍る寸前の氷点下で熟成する「氷点熟成製法」の採用により、雑味成分が取り除かれ、スッキリした中に麦のうまみをしっかりと体感できる味わいを実現しました。
また、「サッポロ アイスラガー」は、2010年3月に近畿圏限定で発売した「サッポロ クリーミーホワイト」と同じ、新しい開発手法を取り入れてつくられた第2弾商品です。いずれの商品も、従来の開発担当部門だけでなく、部門の枠を超えたプロジェクトチームを結成し、商品開発からマーケティングプランをつくり、お客様の新ジャンルに対する未充足ニーズ(=ビールらしさ、品質感など)を掘り起こすとともに、サッポロ独自の価値も加えて、“サッポロらしさ”にこだわって開発しました。

http://www.sapporobeer.jp/CGI/newsrelease/detail/00000282/

ニュースリリースは4月末に発表されていたんですが、最近、新発売の商品についてしっかりチェックしていなかったで。

気がつけば各社夏から秋にかけての新商品のニュースリリースが次々と発表されているようで、また楽しみが増えました。

【新発売】10年05月12日「サッポロファイブスター」限定発売

ちょっと古い情報になってしまいますが、北海道のサッポロビール園でしか飲めないビールが2010年5月12日から数量限定でコンビニエンス発売されるそうです。

  1. 商品名 サッポロファイブスター
  2. アイテム 缶350ml、缶500ml(各1ケース24本入り)
  3. 発売日 2010年5月12日(水)
  4. 原材料 麦芽、ホップ、米、コーン、スターチ
  5. アルコール度 5.5%
  6. 中味特徴 ドイツ風の本格的な濃醇でたっぷりコクのある味わいの淡色ビール。
  7. デザイン 北海道のサッポロビール園の建物を配置し、サッポロビール園内でしか飲めないことをストレートに標記し、黒と金のラベルで高級感と本格的な味わいを表現し た。
  8. 販売価格 オープン
  9. 発売地域 全国の主要なコンビニエンスストア
  10. 計画函数 80,000函(大びん換算:633ml×20本)

http://www.sapporobeer.jp/CGI/newsrelease/detail/00000272/

数量限定と聞くと、これはもう飲まねばなりません。大びん換算8万函(はこ)はけっこう少なめです。しっかりと手に入れるため、5月12日はコンビニ巡りになりそうです。