ジョッキ生 – サントリー

サントリーの「ジョッキ生」を飲んでみました。

ジョッキ生 サントリー

原材料は「ホップ・コーン・糖類・醸造アルコール・食物繊維・コーンたんぱく分解物・酵母エキス・酸味料・香料・カラメル色素・クエン酸K・甘味料(アセスルファムK・スクラロース)・苦味料・炭酸ガス含有」で(ここで、ふぅっと一息)、アルコール度数は5%です。

原材料の種類がすごいですね。
特に目についたのが「苦味料」と「酸味料」です。甘味料があるんですから、そりゃあ当然、苦味料や酸味料があってもおかしくない、むしろ当然ですよね。でも、今日、ジョッキ生の缶ラベルを見るまで、そんなこと考えたこともありませんでした。ジョッキ生のおかげでひとつかしこくなりました。

ちなみに「苦味料」は「にがみりょう」ではなく「くみりょう」と読むらしいです。

さて、肝心のジョッキ生を飲んでみた感想は、「あっさりしていて飲みやすい。その他の醸造酒(発泡性)①のジャンルの中で比べてみて、けっこうビールの味に近い方に位置している」です。炭酸もそれほどキツくなくて飲みやすいですね、ジョッキ生。

でも、これだけいろんな原材料が入っていると、それも当然かもしれないですけどね。

あ、それと、缶ラベルにも記載されていますが、ジョッキ生の缶の飲み口はちょっと変わっていて、ちょっとしゃくれています。

ビッグ飲み口

確かに、飲みやすかった・・・かなぁ。

金のうまさに、麦のコク 金麦 サントリー

金のうまさに、麦のコク 金麦 サントリー」を飲んでみました。

金のうまさに、麦のコク 金麦 サントリー

原材料は「発泡酒・スピリッツ(小麦)・炭酸ガス含有」で、アルコール度数は5%です。

缶の印字に“麦のうまさにこだわった、リッチな「コク・旨み」をお楽しみください。”と書いてありますが、金麦を飲んだ感想は「どちらかというと、あっさりしすぎではなかろうか?」と感じました、・・・んですが、どうだろう、ひょっとしたらこれ、冷やしすぎたのかな。

ただ、味わいとしてはまとまりがあって、水っぽさを感じることもありません。
発泡酒(正確には新ジャンル)を飲んだ感想としてはおかしいですが、「ほんのりとしたおいしい味わい」という表現がしっくりくるような気がします。

何より、缶のデザインがかっこいいですし。

「リキュール(発泡性)(1)」として飲むなら、今のところこれかなって思います。

何より、缶のデザインがかっこいいですし。

糖質ゼロ発泡酒 ゼロナマ サントリー

糖質ゼロ発泡酒 ゼロナマ サントリー」を飲んでみました。

糖質ゼロ発泡酒 ゼロナマ サントリー

藤岡弘さんが汗いっぱいで画面に映るCMが印象的です。それにしても最近「糖質ゼロ」といううたい文句をよく耳にしますね。

原材料は「麦芽、ホップ、糖類、酵母エキス」です。糖質ゼロの発泡酒に含まれている糖類とはなんだろうと思ったら、ネットでも同じ疑問を持つ人はけっこういるみたいで、Q&Aがいくつか見つかりました。
けど、いずれも栄養学的な話のようで、一般人には少し難しいですね。

消費者にとって気になるのは、糖質や糖類の違いでなく、やっぱりその味です。
ゼロナマを飲んでみた感想はずばり「味はうすいけど、おいしい」です。「ん?」となるようなへんな甘さなどはまったくなく、「ほのかなビール味」という感じでした。炭酸の勢いに負けてしまって、味がするのかしないのかはっきりとわからない時もありますが、それでも好印象です。

アルコール度数が4%ということを考えるとお酒にそんなに強くない人や、糖質ゼロを魅力的に感じる人なら、ゼロナマは普通に飲めますよ。おすすめです。