【感想】クリーミーホワイト‐サッポロビール その②

今年の3月に近畿圏で期間限定発売され、今回めでたく9月22日に全国発売されることになったサッポロビールのクリーミーホワイトを半年ぶりに飲んでみました。

クリーミーホワイト‐サッポロビール
クリーミーホワイト‐サッポロビール

ちなみに、前回クリーミーホワイトを飲んだ感想はこちら(【感想】クリーミーホワイト‐サッポロビール)。

クリーミーホワイトの公式ホームページはこちら

クリーミーホワイト | サッポロビール
http://www.sapporobeer.jp/creamywhite/

「クリーミーホワイト」は発泡酒ではなく、リキュール(発泡性)①の新ジャンル(第三のビール)です。「クリーミーホワイト」のコンセプトは、“雪のように白くクリーミーな泡とまろやかな味わいを実現した新ジャンル”です。

その特徴は、

大麦の成分を丁寧に取り出す当社独自の「クリーミーテイスト製法(特許出願中)」 によるクリーミーな泡立ちと泡持ち、まろやかな味わいが特長
*当社新ジャンル商品平均値比較約1.5倍の泡持ちを実現(当社分析値)
*麦芽・ホップに加え、大麦も協働契約栽培原料を100%使用
*北海道で育てられた大麦品種“りょうふう”麦芽も配合

クリーミーホワイトの原材料は「発泡酒(麦芽・ホップ・大麦)・スピリッツ(大麦)」で、アルコール度数は5%です。

カロリーは100mlあたり43kcalで、「クリーミーホワイト」のロング缶(500ml缶)1本を飲むと215kcalになる計算です。

さて、肝心のクリーミーホワイトを飲んでみた感想ですが、あいかわらず「まろやか」です。

個人的には、

  • キリンビールは「しっかりした苦味」
  • アサヒビールは「スッキリ!キレ味」
  • サッポロビールは「ほのかに甘いまろやかさ」

がビール各社の特徴かなっと勝手に考えたりしてるんですが、クリーミーホワイトはそんなサッポロビールの特徴がとてもよく表れているような気がします。

はっきりいってクリーミーホワイトはいいです、おいしいです。
苦味はあまりなくコクもそれほどしっかりした感じはありませんが、逆に、味わいがひとつにまとまっていてヘンなエグ味はまったくありません。飲んでいてほっとする安心感があります。やさしい味わいっていう表現が、しっくりくるでしょうか。

自分的には絶賛なんですが、多分、キリンビール好きな人には好まれないのかもしれないな~って思います。

【感想】サッポロ アイスラガー‐サッポロビール

サッポロビールから6月23日に新発売されたばかりのサッポロ アイスラガーをさっそく飲んでみました。

サッポロ アイスラガー‐サッポロビール
サッポロ アイスラガー‐サッポロビール

今回の写真の撮影場所はいつもと違ってJR新大阪駅の新幹線ホーム。バックに写っているのは家族におみやげの関西味どん兵衛です。

サッポロ アイスラガーの特徴は、高濃度麦汁を使用し、凍る寸前の氷点下で熟成する「氷点熟成製法」です。

「サッポロ アイスラガー」は、当社のルーツである北海道の開拓使麦酒醸造所からこだわってきた醸造技術を活かしてつくった新ジャンルです。高濃度麦汁を使用し、凍る寸前の氷点下で熟成する「氷点熟成製法」の採用により、雑味成分が取り除かれ、スッキリした中に麦のうまみをしっかりと体感できる味わいを実現しました。

http://www.sapporobeer.jp/CGI/newsrelease/detail/00000282/

今年の春頃、近畿圏限定でサッポロビールから発売されていた「サッポロ クリーミーホワイト」と同じ開発手法でつくられているとのこと。

また、「サッポロ アイスラガー」は、2010年3月に近畿圏限定で発売した「サッポロ クリーミーホワイト」と同じ、新しい開発手法を取り入れてつくられた第2弾商品です。

サッポロ クリーミーホワイトは、久々に「おいしいな~」と思える新ジャンルのお酒だったのでサッポロ アイスラガーにも期待が高まります。

ただ、製法そのものはあくまで「氷点熟成製法」ということ。クリーミーホワイトと同じ開発手法というのはあくまで「商品開発の方法が同じ」ということらしいので、味が同じ(似ている)ということではなさそうです。

いずれの商品も、従来の開発担当部門だけでなく、部門の枠を超えたプロジェクトチームを結成し、商品開発からマーケティングプランをつくり、お客様の新ジャンルに対する未充足ニーズ(=ビールらしさ、品質感など)を掘り起こすとともに、サッポロ独自の価値も加えて、“サッポロらしさ”にこだわって開発しました。

さてさて、前置きが長くなりましたが、「サッポロ アイスラガー」の感想です。

「サッポロ アイスラガー」の原材料は、「発泡酒(麦芽・ホップ・大麦・糖類)・スピリッツ(大麦)」でアルコール度数は5%です。

「サッポロ アイスラガー」を飲んでみた感想ですが「苦味がしっかりしていて発泡酒(ビール)を飲んでいる感じが楽しめます。後味にはちょっと“スッキリしない感”がありますが、ヘンなエグみということもないので、キレが悪いというマイナス評価というよりは、味わいがしっかりしているとむしろ好意的~♪」な感じでした。

キリンラガービールとかが好きな人には、ウケがよさそうです。ということは、逆に、ビールはスッキリ派(アサヒスーパードライ派)の人にはウケがよろしくないかもしれません。

とはいえ、総じて高評価です、サッポロ アイスラガー。おいしいです、サッポロ アイスラガー。でも、夏季限定。ひと夏の限定か、夏の定番になっていくのかはわかりませんが、記念に飲んでみて損はない銘柄かな~と思いました。

【感想】サッポロファイブスター‐サッポロビール

5月12日から数量限定で発売されているサッポロファイブスターを飲んでみました。

【新発売】10年05月12日「サッポロファイブスター」限定発売

実は発売されたその日にかって飲んでたんですが、バタバタしてて感想書くことができませんでした。

今日こそはブログに感想書こう~と思って地元のコンビニで「数量限定だし、なくなってたらどうしよう」と、ちょっとドキドキしながらお酒の販売コーナーに行ってみたら、ほっ、まだ売ってました、サッポロファイブスター。

サッポロファイブスター‐サッポロビール
サッポロファイブスター‐サッポロビール

サッポロファイブスターは発泡酒でなく、生ビール。しかもプレミアムな生ビールです。

サッポロビール株式会社(本社・東京、社長・寺坂 史明)は、北海道のサッポロビール園でしか飲めない「サッポロファイブスター」を缶パッケージに詰め、2010年5月12日(水)から全国の主要なコンビニエンスストアにて、数量限定発売します。
サッポロビール園は、1966年(昭和41年)7月から営業を開始し、赤れんがの本館と緑の庭園が印象的な道内最大級のビヤレストランとして、札幌市民の憩いの場となったばかりでなく、北海道の名所として現在も人気の観光スポットです。

http://www.sapporobeer.jp/CGI/newsrelease/detail/00000272/

サッポロファイブスターの原材料は「麦芽・ホップ・米・コーンスターチ」で、アルコール度数は5.5%です。生ビールというと、原材料は「麦芽・ホップ」だけという感じが多いと思うのですが、サッポロファイブスターはなんかいろいろ入ってますね。

そんなサッポロファイブスターを飲んでみた感想ですが「うーん、あんまりおいしくない」でした。味わいにはまとまりがあってまろやか~な感じなんですが、自分が飲んだときはなぜだか若干の新ジャンル風味がするように感じられました。
嫌味な感じではないので「独特の風味」と表現することもできるかもですが、まぁ一言でいうと「自分の好きな味じゃあないな~」って感じでした。

まぁ、なんにせよ数量限定ですし「おいしい~♪」となっても札幌まで飲みに行くなんてこともそうそうできないですしね。ここはひとつ、自分の好きな感じじゃなくってよかった、ほっ、ってことで。

【感想】クリーミーホワイト‐サッポロビール

3月に入ったくらいから、仕事の関係で大阪に行くとコンビニで見かけるようになった発泡酒がありました。

クリーミーホワイト‐サッポロビール
クリーミーホワイト‐サッポロビール

最初に見たときは「おちついたデザインでビールの新商品かな」っと思ったのですが、ラベルには「リキュール(発泡性)①」の文字がはっきりと書いてあります。

「おー、新商品だ。地元(名古屋)に戻ったらさっそく買って帰ろう♪」と思ったのですが、いつものパターンで名古屋のコンビニじゃあとんと見かけません。ここんところ、週1回くらい大阪に行くので「大阪だと売ってるなー、でも名古屋じゃ売ってないー」というのを2回くらい繰り返した後、サッポロビールのニュースリリースを見て、なぜ大阪でしかみかけなかったかが判明しました。

2010年1月14日
「サッポロ クリーミーホワイト」近畿圏で期間限定発売のお知らせ
~独自の新技術により、“クリーミーな泡”が実感できる新ジャンル誕生!~

http://www.sapporobeer.jp/news_release/0000010231/

近畿圏で、しかも期間限定での発売ということであれば、名古屋で売ってないのもしかたありません。結局、「大阪で買って帰ろう」ということになりました。

しかしこの、クリーミーホワイトについてのサッポロビールのニュースリリースがなかなか冷静な分析が書かれていて読んでいて「おっ!」と思わせられました。

昨年の新ジャンル市場は、前年比で2割程度の伸びを見せましたが、一方で、昨年発売された新商品に限って見ると、売上に対して十分に寄与した商品は少な く、既存ブランドの健闘が目立った状況でした。その要因として、新商品の多くが、原料を中心とした味覚訴求型であったために、お客様が既存ブランドとの違 いを理解できず、新たな需要喚起には至らなかったものと分析しています。

なるほどー、そういわれてみれば自分も、「新商品おいしいな」と思いつつなんだかんだ麒麟淡麗<生>を飲むことが多いです。どれだけ新商品が発売されてもなかなかなじみの銘柄を変えたりはしていません。もちろん、麒麟淡麗<生>は「どこのお店に行っても間違いなく売ってる。多分これからも店頭からなくなったりしない」っていうタバコでいうところのマイルドセブン的な安心感ってのもありますが。

さて、クリーミーホワイトの原材料ですが「発泡酒(麦芽・ホップ・大麦)・スピリッツ(大麦)」でアルコール度数は5%です。いわゆる普通の新ジャンル「リキュール(発泡性)①」のお酒ですね。

クリーミーホワイトを飲んでみた感想は「まろやか」の一言。炭酸はきつくなく、苦味もほとんどありません。いかにもサッポロビールらしい味わいだと思います。おいしいです。

今回は、缶のまま飲んでしまいましたが、クリーミーホワイトはグラスに注いで飲みことをおすすめされてます。きっと名前のとおり、クリーミーな泡がたつんでしょう。

クリーミーホワイトの発売は「近畿圏 2府4県(大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、和歌山県、滋賀県)」で、3~4月いっぱいの発売だそうです。

個人的には、これは記念にぜひ飲んでおく銘柄だと思います。

【感想】オフの贅沢‐サッポロビール

09年10月21日にサッポロビールから新発売される「サッポロ オフの贅沢」で行われていた発売記念のキャンペーン(現在は終了しています)

「オフの贅沢」発売記念☆抽選で10,000名様に新商品「オフの贅沢」をプレゼント!
http://www.sapporobeer.jp/offnozeitaku/campaign/*

すっかり忘れていたんですが、申し込んでいたらしく、なんと当たってしまいました。

オフの贅沢‐サッポロビール
オフの贅沢‐サッポロビール

懸賞(?)に当選するなんて何年ぶりのことでしょう。ちょっとどころでなくうれしいできごとでした。でもって、当然ながら「またキャンペーンがあったら応募しよう」と欲を深くするのでした。

それはさておき、発売前の発泡酒を飲めるまたとない機会。「オフの贅沢」を味わっていきたいと思います。

オフの贅沢の原材料は「発泡酒(麦芽・ホップ・糖類・水溶性食物繊維・エンドウたんぱく)・スピリッツ(大麦)」でアルコール度数は4%です。あと、オフの贅沢は糖質70%オフになっています。

オフの贅沢の特徴は「糖質70%オフのコク系新ジャンル」とのこと。サッポロビールの糖質オフ系といえば・・・と書こうとして、あらためてこのブログの過去の投稿やサッポロビールのホームページを見てみたんですが、それらしき銘柄がありません。糖質オフの発泡酒出してなかったんですね。

さて、オフの贅沢を飲んでみた感想ですが「コク系というだけあって味わいははっきりしてる感じ」で、これはまた分かりにくい表現なんですが、なんとなく、草食系の苦味って感じがしました。野菜っぽい苦味というかなんというか。でも、銘柄が思いだせないんですが、前にこんな味わいの発泡酒を飲んだことのあるような気がしました。

たぶん、同じくサッポロビールのSAPPORO VIVA!LIFE<サッポロビバライフ>じゃないかなぁと思います。もう売ってないんで飲んでたしかめることはできませんが。オフの贅沢とSAPPORO VIVA!LIFE<サッポロビバライフ>の共通点にエンドウたんぱくがあるのでそれが味わいのもとになっているのかなぁ。

ただ、そんなヘンな味わいではないです。糖質も70%オフですし、その人の好み次第ですが、けっこういけるんじゃないでしょうか、オフの贅沢。