クリアアサヒ アサヒビール

仕事が多少忙しく、ずいぶんと間のあいた更新になりましたが、「クリアアサヒ[澄み切り二段発酵]*」を飲んでみました。

*[澄み切り二段発酵]とは、クリアな味を実現するため、原材料の発泡酒で採用している発行方法だそうです。

缶ラベル、澄み切り二段発酵の下に書いてあったのは、

Clear Aashi is brewed with select barley malt, hops and grains by using out pure cultured yeast. Its unique brewing process creates a distinctively hold, clear and smooth taste.

でした。で、翻訳してみました。

明確なAashiは、選んだ大麦モルト、ホップ、および粒で出ている純粋な洗練されたイーストを使用することによって、醸造されます。 ユニークな進行中の過程ははっきりとaを作成します。成立してください、そして、クリアしてください、そして、滑らかに、味がしてください。

明らかに誤訳なのでまあこれはこれで。・・・すみません、ネタです。

さて、原材料は「発泡酒(麦芽・ホップ・大麦・コーン・スターチ)、スピリッツ(大麦)」で、アルコール度数は5%です。

どのメーカーもそうですが、リキュール(発泡性)①は、基本、麦に由来する原料を使用しているので、その他の雑種を飲んだ時のようなそんな変な味のする銘柄は今のところほとんどないですね。

クリアアサヒを飲んだ感想は「後味がちょっと違う気がする」でしょうか。

炭酸の強さの中にほんのりとそれぞれの味わいがただようリキュール(発泡性)①に共通する飲み味は変わらずで、サントリーの金麦と同じく味わいにはまとまりがあって、ビールや発泡酒とは違う味がするようなことはなかったです。
金麦と比べると、よりしっかり味がついているんですが、いつものように本数を重ねていると、最後の最後に口の中に残る苦味が他の銘柄とはなにか違っているような気がしてきました。

微妙な感じなので、単に自分の気のせい(もしくは飲みすぎただけ)かもしれませんが、そこにクリアアサヒの特徴といえる部分があるような気もします。これは今後も追跡調査です。

長期熟成(生)発泡酒 贅沢日和 アサヒ

長期熟成(生)発泡酒 贅沢日和 アサヒ」を飲んでみました。

長期熟成(生)発泡酒 贅沢日和|アサヒ

原材料は「麦芽・ホップ・大麦・米・コーン・スターチ・糖類」で、アルコール度数は5.5%です。

最近よく感じますが、ビールも発泡酒もあんまり冷やしすぎちゃだめですね。味わいを感じにくいです。
贅沢日和も最初に冷蔵庫から取り出して飲んだ時は「物足りないかなっ」と感じたんですが、しばらく経ってから飲むと、取り出したばかりの時よりも少し味がわかるような気がします。

ただ、それでも新ジャンルでなく「発泡酒」として考えると飲みごたえなどが少し物足りないかもと感じました。例によって、350ml缶を6本飲んだんですが、印象として残るものが少ない感じでした。

贅沢日和6本

飲んだ感想は「飲みやすいからおいしいと感じるけれど、いろいろ飲み比べた時に強く印象に残る部分は少ない」かな。

アサヒスタイルフリー アサヒビール

アサヒスタイルフリー アサヒビール」を飲んでみました。

アサヒ スタイルフリー | アサヒビール

原材料は「麦芽・ホップ・糖類・カラメル色素・酵母エキス・大豆ペプチド」、アルコール度数は4%です。

飲んでみた感想は「スッキリしているというと聞こえはいいけれど、味が感じられるような感じられないような微妙なライン」といったところです。スッキリ具合はアサヒスーパードライに通じるものがあって、飲むと「あ、アサヒのお酒だ」というのがよく分かります。

「個人的に飲める発泡酒か、飲めない発泡酒か?」で考えると、アサヒスタイルフリーは「飲める発泡酒」の部類に入ります。ただ、サントリーのゼロナマと比較すると、ゼロナマを飲むかな~。

あじわい アサヒビール

大麦由来原料99.9% あじわい アサヒビール」を飲んでみました。

アサヒ「あじわい」 |  アサヒビール

リキュール(発泡性)(1)に分類されるお酒です。

原材料は「発泡酒(麦芽・ホップ・大麦)、スピリッツ(大麦)」と書かれています。原材料を大別すると、発泡酒とスピリッツからできているという感じみたいです。ブレンドして味を出しているんでしょうか。アルコール度数は5%です。

飲んでみた感想は「苦味はあるけれど、どことなく他のお酒と違う苦味」といった感じ。正しく表現できているか分かりませんが「焦がしたような苦味」というイメージを持ちました。缶から口を離した後に広がる後味は、スピリッツのせいでしょうか、酸味が強く残ります。

あじわいという名前のとおり、全体的に上手にまとまっている感じで、あじわって飲むことができる、そんな印象です。あとは、飲む人が「好きな味」と感じるかどうか、好みの問題になるでしょうか。

アサヒ本生ドラフト – アサヒビール

「アサヒ本生ドラフト アサヒビール」を飲んでみました。

アサヒ本生ドラフト

別に、これから飲みくらべるお酒が「これまで一度も飲んだことがない」ってことではないですが、このアサヒ本生ドラフトはほとんど飲んだ記憶がないです。多分、1回ぐらい飲んだことがあるかも?くらい。その時は試してみてどうだったのか、まったく憶えていません。

原材料は「麦芽・ホップ・大麦・大麦エキス・米・コーン・スターチ・糖類」で、アルコール度数は5.5%です。

飲んだ感想は「さっぱりしていて飲みやすい」感じ。味は、アサヒスーパードライを7割ぐらいに抑えた感じです。苦味はあまりなく、それが飲みやすい印象につながっています。

アサヒ本生ドラフトも、麒麟淡麗<生>と同じくらいコンビニで買いやすい発泡酒なので「キリンラガービールが好きな人は麒麟淡麗<生>、アサヒスーパードライ好きな人はアサヒ本生ドラフト」という住み分けになるのかもしれないです。ちなみに自分は、アサヒスーパードライ派だったりします。