【感想】アサヒ ブルーラベル‐アサヒビール

アサヒビールの新ジャンルの新商品「アサヒ ブルーラベル」を飲んでみました。

アサヒ ブルーラベル‐アサヒビール
アサヒ ブルーラベル‐アサヒビール

「アサヒ ブルーラベル」の特徴はずばり「等質ゼロの新ジャンル」です。

新ジャンルの新商品『アサヒ ブルーラベル』発売日決定のお知らせ
http://www.asahibeer.co.jp/news/2011/0601.html

アサヒ、糖質ゼロの新ジャンル「アサヒ ブルーラベル」を発売
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=275900&lindID=4

3月のはじめに新商品として発表されましたが、震災の影響で発売が7月に延期されていたようです。

「アサヒ ブルーラベル」の原材料は「発泡酒(麦芽エキス・ホップ・糖類・カラメル色素・食物繊維・酵母エキス・大豆たんぱく・アミノ酸(グルタミン)・甘味料(アセスルファムK))・スピリッツ(大麦)」でアルコール度数は4%です。「アサヒ ブルーラベル」のカロリーは100mlあたり27kcalなので、ロング缶(500ml缶)1本を飲むと135kcalになります。

「アサヒ ブルーラベル」を飲んでみた感想ですが、「アサヒビールのお酒らしくスッキリとはしていますが、いいかえると味わいに乏しい」感じです。ビール系飲料を飲んでいる感じはしませんが、ただ“超爽快なキレ味。糖質ゼロの新ジャンル”がキャッチコピーのとおり、口の中をさっぱりとリセットしてくれるようなさわやかな印象が確かにありますね。

アルコール度数が4%とちょっとひくめですが味わいは甘くはないので、女性向けって感じでもありません。
自宅で焼肉とかちょっと味の濃い~ものを食べるとき、糖質の摂取量を気にしつつ軽く酔いたい。そんなときにはピッタリだと思います、「アサヒ ブルーラベル」

 

個人的には、なんだかジンギスカンが食べたくなりました。

【感想】アサヒ一番麦‐アサヒビール

半年以上放置していた発泡酒ブログを久しぶりに更新です。書き方をすっかり忘れてしまったので、たどたどしく更新します。

3月1日に新発売された、アサヒビールのアサヒ一番麦を飲んでみました。

一番麦‐アサヒビール
一番麦‐アサヒビール

アサヒ一番麦の公式ホームページはこちら

ニュースリリース 2011年1月20日|アサヒビール
http://www.asahibeer.co.jp/news/2011/0120.html

「アサヒ一番麦」の特徴は、

『アサヒ 一番麦』は、多様化するお客様の嗜好やニーズにお応えし、新ジャンル市場に新たな価値をご提案するため、新ジャンルでありながら、“麦100%”による本 格的な飲みごたえを実現した新商品です。徹底的に麦のうまさにこだわり、通常の1.5倍の麦を贅沢に使用しました。通常の製法で“麦100%”にすると、 麦の香りが強くなりすぎ、重い印象の味わいになりがちですが、『アサヒ 一番麦』は、仕込条件や煮沸条件を工夫し、余分な香りを抑え、上質な麦の香り成分を引き出すことで、さわやかな後味を実現しました。新ジャンルにも本格的 な飲みごたえを求める 30~40代のビール類ユーザーの方にもご満足いただける新商品としてご提案してまいります。

だそうです。

「アサヒ一番麦」の原材料は「発泡酒(麦芽・ホップ・大麦)・スピリッツ(大麦)」で、アルコール度数は5%です。

「アサヒ一番麦」を飲んでみた感想ですが「味わいはしっかりしていおいしい」けれど、「もっとおいしい新ジャンルはありそう」な感じがしました。

久しぶりに新ジャンルを飲んでの感想をブログに書くのでかなり浦島太郎な気分ですが、新ジャンルとはいっても、やっぱりおいしく飲みたいな~という気持ちが強くなってました。たんに、ぜいたくにもビールばっかり飲んでいたから、欲が出ているのかもしれませんが。。。

まぁ、またぞろぼちぼちと、ブログの更新を再開したいなと思います。

 

・・・あれっ、楽天アフィリエイトの商品画像がなんかでっかい!

【感想】くつろぎ仕込〈4VG〉‐アサヒビール

少し遅くなりましたが、9月14日に新発売されたアサヒビールのくつろぎ仕込〈4VG〉を飲んでみました。

くつろぎ仕込〈4VG〉‐アサヒビール
くつろぎ仕込〈4VG〉‐アサヒビール

くつろぎ仕込〈4VG〉の公式ホームページはこちら

アサヒ くつろぎ仕込<4VG> | アサヒビール
http://www.asahibeer.co.jp/kutsurogi/

「くつろぎ仕込〈4VG〉」は発泡酒ではなく、リキュール(発泡性)①の新ジャンル(第三のビール)です。

「くつろぎ仕込〈4VG〉」のコンセプトは、

『アサヒ くつろぎ仕込〈4VG〉』は、当社独自の技術により引き出した、くつろぎの時間にふさわしい香り成分「4VG」を採用し、くつろぎ時にビール類を楽しむ 20~30代の男女のお客様を中心に、ゆっくりと味わってお楽しみいただける新ジャンル商品としてご提案するものです。

だそうです。

「くつろぎ仕込〈4VG〉」の特徴は、

『アサヒ くつろぎ仕込〈4VG〉』は、当社独自の醸造技術(特許出願中)で「4VG」を通常よりも引き出すことにより、味わいに特長を付加し、従来の新ジャンル商品とは異なる“くつろぎ”を感じる香り、爽やかなコクとすっきりとした後味を実現しました。

とのことで、とてもとても期待を抱かせる内容ですね。

「くつろぎ仕込〈4VG〉」の原材料は「発泡酒(麦芽・ホップ・大麦・糖類・アミノ酸(ロイシン))・スピリッツ(大麦)」で、アルコール度数は5%です。カロリーは100mlあたり44kcalで、「くつろぎ仕込〈4VG〉」のロング缶(500ml缶)1本を飲むと220kcalになる計算です。

「くつろぎ仕込〈4VG〉」を飲んでみた感想ですが「アサヒビールらしいスッキリさで、飲んでホッとする感じがする」です。

多少アルコールの風味が口に広がる気もするので、おいしいかどうかといわれると好みの分かれるところではありますが、リキュール(発泡性)①の中では、よくまとまっている方だと思います。

昨日、サッポロビールのクリーミーホワイトを飲んだ感想として

はっきりいってクリーミーホワイトはいいです、おいしいです。
苦味はあまりなくコクもそれほどしっかりした感じはありませんが、逆に、味わいがひとつにまとまっていてヘンなエグ味はまったくありません。飲んでいてほっとする安心感があります。やさしい味わいっていう表現が、しっくりくるでしょうか。

って書きました。

サッポロビールのクリーミーホワイトが、まとまりのあるまろやかな味わいでほっとする感じだとすると、「くつろぎ仕込〈4VG〉」はまとまりのあるスッキリとした味わいでほっとくつろぐ感じ、っていえるでしょうか。

「クリーミーホワイトが甘くてちょっと・・・」って人も、「くつろぎ仕込〈4VG〉」ならイケるんじゃないでしょうか。

【感想】アサヒ ダブルゼロ‐アサヒビール

今日は、8月3日新発売ノンアルーコールビールテイスト飲料シリーズ第二弾(長い・・・)です。昨日のオールフリー‐サントリーにつづいて、アサヒビールのアサヒ ダブルゼロを飲んでみました。

アサヒ ダブルゼロ‐アサヒビール
アサヒ ダブルゼロ‐アサヒビール

アサヒ ダブルゼロの特徴は、

  • アルコールゼロ※1
  • カロリーゼロ※2

※1 ビールテイスト清涼飲料カテゴリーにおける(当社調べ)
※2 栄養表示基準に基づき、エネルギー5kcal未満(100ml当たり)をカロリーゼロとしています

2010年05月18日にアサヒビールのニュースリリースで「世界初!」として発表されました。

世界初!アルコール0.00%でカロリーゼロのビールテイスト清涼飲料
『アサヒ ダブルゼロ』新発売
~“ダブルのゼロ”でありながら、飲みごたえと爽快な後味を実現~

http://www.asahibeer.co.jp/news/2010/0518_2.html

ごぞんじのとおり、その後、サントリーから「アルコール」「カロリー」「糖質」のオールフリーが同じく「世界初!」としてニュースリリースされました。ただ、今でもダブルゼロのホームページでは「世界初!」って書いてあります。この場合の「世界初!」ってどうなんでしょうね。

アサヒ ダブルゼロの原材料は「麦芽エキス・食物繊維・香料・酸味料・カラメル色素・苦味料・甘味料(アセスルファムK)」で、やっぱりアルコール度数は0.00%です。アサヒ ダブルゼロは当然ながら、発泡酒でも新ジャンルでもなく、れっきとした炭酸飲料です。原材料がいかにも発泡酒らしくないですね。

しかも、缶ラベルには「本品は食物繊維が含まれているため、おなかがゆるくなる場合があります」なんてことが書いてあります。

アサヒ ダブルゼロを飲んでみた感想は「ビールっぽくはないけれど、酸味がしっかりしていてジュースみたいで飲みやすくておいしい」です。「ちょっと薄めすぎた粉末みかんジュース」って感じがしました。あんまりホメてる感じの表現ではないですが、マズいって話ではないですよ。ほんのり甘くてあっさりした感じが、女性にも飲みやすいんじゃないかと思います。

アサヒ ダブルゼロを飲むと「オールフリーはちょっと味が薄かったなー」という感じがします。その点、アサヒ ダブルゼロならもう少し味わいを楽しむことができそうです。

【感想】アサヒ 宵音(よいね)‐アサヒビール

期間限定、イオングループ各チェーン限定発売のアサヒビールの宵音(よいね)をジャスコで入手。さっそく飲んでみました。

アサヒ 宵音(よいね)‐アサヒビール
アサヒ 宵音(よいね)‐アサヒビール

と、冷蔵庫におなじくアサヒのスーパードライが入っていたので、せっかくだから飲みくらべてみることにします。

宵音は発泡酒ではなく、れっきとした麦芽100%プレミアムビールです。

宵音の特徴は、

麦芽を当社比で約1.4倍使用した、「麦芽由来の芳醇な味わい」と「心地よい後味」が特長の“豊かなコクの麦芽100%ビール”です。アルコール度数をや や高めの7%とし、満足のいく飲みごたえを楽しめます。また、「掛け発酵」※を採用することで、華やかな香りを実現した限定醸造プレミアムビールです。

※「掛け発酵」:発酵途中に新たな麦汁を追加することで香気を強化する発酵方法

とのこと。いつもより贅沢に麦芽と麦汁を使用して、さらに濃厚な味わいを実現していますって感じでしょうか。

宵音の原材料は「麦芽・ホップ」でアルコール度数は7%です。

宵音を飲んでみた感想ですが「ほんのり甘みのある味わい(こういうのをフルーティーっていうんですかね)」です。なんというか、さわやかな味わいですね。ただ、残念かな、個人的にはもう少しキレがほしいと感じました。「心地よい後味」といいますが、少しアルコールっぽさが残るような・・・。

先日のアサヒ ストロングオフを飲んでもあわせて思うんですが、アルコール度数7%(アルコール強め)は、ビール系の飲料にはちょっとアルコール度数が強すぎなんじゃないかと思います。アルコールの味わいが好きな人には、味わいがよりはっきりするのはうれしいことでしょうし、個人の好みの問題なのかもしれませんけど。

宵音とスーパードライと飲みくらべた感じでは、スーパードライのスッキリさがよく伝わってきます。最初に宵音を飲んで、フルーティーな味わいを楽しんだ後、サッとスーパードライを一口飲んで宵音の後味をリセット。そんな飲み方はちょっと面白かったですが、まぁ、そんな飲み方普通しないですよね・・・。

宵音はネットで買えないので、アサヒビールのサイトにあったブログパーツをペタリ。