【感想】キリン一番搾り – キリンビール

キリンの一番搾りです。もちろん、発泡酒でなくれっきとしたビールです。

一番搾り  - キリンビール
一番搾り – キリンビール

居酒屋なんかでキリン一番搾りを飲んだことはありますが、自分で買って飲むとのは今回が初めてじゃないかなーと思います。じゃあ、なんで今さら買ってみたのかというと、最近、自分の周りの人から「一番好きな銘柄は“キリン一番搾り”」という意見をたてつづけに聞いたので、ちゃんと感想書けるように飲んでみようということになりました。

キリン一番搾りの原材料は「麦芽・ホップ」のみ。この間、アサヒ ザ・マスターの感想を書いた時に、

アサヒ ザ・マスターの原材料は「麦芽・ホップ」だけ。
ビールはそれだけでつくれるんだ、とちょっと感動します。

なんてことを書きましたが、ビールというのは普通そういうものなんですね。アサヒ ザ・マスターが特別ってことではなかったようです。いやはやなんとも恥ずかしいかぎりです。

ちなみに、キリン一番搾りの缶ラベルで、キリンのロゴの下に書いてある「DRAFT BEER(ドラフトビール)」について、ふと気になったので調べてみました。

ドラフトビールとは、いわゆる「生ビール」のこと。
生ビールというと、お店でジョッキなどに注いで飲むビールのことをついつい連想しますが、日本でいうところの生ビールとは「熱処理をしていないビール」のことを指すので、缶ビールも瓶ビールも、りっぱな生ビールということになります。

そもそも生ビールの「生」って何? | エキサイトニュース
http://www.excite.co.jp/News/bit/00091149415list_link

英語で draught (draft) beer といった場合は、お店でジョッキなどに注いで飲むビールのことを指すらしいのでご注意ください(何をどう注意するんだか、とひとりツッコミ)。

キリン一番搾りを飲んでみた感想ですが「コク・キレがしっかりしていてビールを楽しむのに申し分ない」感じです。苦味がしっかりしているのに、サッとキレる。とてもビールらしいビールです。ただ、この苦味が、人の好みによって“好き”と“嫌い(苦手)”を分けるんだろうなーと、そんな気がします。

「ビールはあんまり好きじゃないです」という人は、きっとこの苦味のことを言っているんでしょう。きっと、この苦味が好きな人には逆に一番搾りはたまらないんでしょうね。

他の人の感想も見るなら
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ
にほんブログ村

Leave a Reply