麒麟淡麗<生> その② – キリンビール

会社帰り、いつものサークルKに立ち寄り「“シルクエビス”を飲んでみたいなー(飲んでおきたいなー)」と思いつつ、シルクエビスの500ml缶2本のお値段で発泡酒が3本買えるかと思うと、ついつい多く飲める方を選択してしまいます。

今日は何を飲みたい気分かと一瞬考えて、なんとな麒麟淡麗<生>になりました。

麒麟淡麗<生> - キリンビール

麒麟淡麗<生> - キリンビール

けっこう久しぶりに飲みますね、麒麟淡麗<生>。前に飲んだのがいつだったか、思い出せません。前回、淡麗<生>について書いたのが、2008 年 4 月 28 日。それ以来飲んでいないってことはないですが、どうだろう、去年の秋くらいから飲んでないですかね。麒麟淡麗<生>は最もよく飲んだ発泡酒のひとつなんで、味わいがだいたい分かってますし「もっとおいしい発泡酒はないかな?」と、あれこれ飲みくらべているのがこのブログなんで、「やっぱり麒麟淡麗<生>が一番!」てなことになったら、終わっちゃいますね。

前にも書きましたが、麒麟淡麗<生>の原材料は「麦芽・ホップ・大麦・米・コーン・スターチ・糖類」で、アルコール度数は5.5%です。前回から表記の上では変更はありません。

麒麟淡麗<生>を飲んでみた感想ですが、やはり“定番の味”といった感があります。普通においしく飲めます。国が税金上げたりしなきゃ、世の中のサラリーマンの多くが、アサヒのぐびなま。とか新ジャンルに流れずに麒麟淡麗<生>を飲み続けたんでしょうね。

アサヒビールの新製品「アサヒクールドラフト」に比べて、

  • 苦味が、少しだけしっかりしている。
  • 飲んだ後の味わいが長めに尾を引く。余韻が長く続く。

感じがします。それなのに、のどの奥(あごのつけ根)に溜まるような味はなく、それなりにスッキリ感を楽しめる気がします。それなのに、それなりに、ですね。

やっぱり麒麟淡麗<生>はおいしいなぁ、やっぱり麒麟淡麗<生>は安心して飲めるなぁ。前にも書いたけど、酒類の販売コーナーさえあれば、どこのコンビニでも買うことができるマイルドセブンの6ml的なあんしんの存在感です。

他の人の感想も見るなら
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ
にほんブログ村

One Response to “麒麟淡麗<生> その② – キリンビール”

  1. […] 麒麟淡麗<生> – キリンビール その? […]

Leave a Reply