アサヒクールドラフト – アサヒビール

一番うまい発泡酒を、決めようじゃないか。

2009年3月17日(火)から全国で発売が開始されたアサヒビールの「アサヒクールドラフト」をさっそく飲んでみます。

アサヒクールドラフト - アサヒビール

アサヒクールドラフト - アサヒビール

アサヒクールドラフトのホームページに書いてある特徴は、

  • クールなキレ味、飲みごたえの生。
  • 定番系発泡酒ユーザが“最も”「求める味」

とのこと。

アサヒビールのニュースリリースには、

アサヒビールの発泡酒ラインアップの主力ブランドと位置づけ・・・

とあることやCMのキャッチコピーからも、アサヒビールの力のいれようと自信がうかがえます。

アサヒクールドラフトの原材料は「麦芽・ホップ・大麦・コーン・スターチ・糖類」でアルコール度数は5.5%です。

アサヒクールドラフトを飲んでみた感想ですが「さすがにうまい」ですね。アサヒスーパードライなど“スッキリ”が得意のアサヒビールが「キレ」をアピールするのだから当然かもしれません。ヘンな味わいがまったくないのはいうまでもなく、まろやかな感じも甘さっぽいものもまったくありません。ほんのりとした苦味がサッと口の中に広がって、スッと消えていきます。炭酸もそんなにキツく感じられないので、とても飲みやすいです。アサヒビールのいう「定番系発泡酒ユーザ」が求める味は「しっかりとしたコクがありながらも後味が爽快」というものらしいですが、なかなかにその味を実現しているように感じました。

雰囲気は「麦とホップ」に近い感じ。次は、「麦とホップ」と飲みくらべてみたいなぁ。

他の人の感想も見るなら
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ
にほんブログ村

2 Responses to “アサヒクールドラフト – アサヒビール”

  1. […] そうとしているので“本物”とはいえないと思いますが、それでも、もしもアサヒビールのアサヒクールドラフトのように、トヨエツが「eye of the tiger」をバックにハードな印象で新「ジョ […]

  2. […] 、“コクの時間”は「コクがあって後味スッキリ」系って感じの、アサヒビールのアサヒクールドラフトやサッポロビールの冷製SAPPORO(サッポロ)あたりとジャンルがかぶる銘柄になる […]

Leave a Reply