【感想】hite d(ハイト ディー)Dry Finish‐眞露ジャパン

このあいだ、近くのローソンでこれまで見たことのないビールがあったので、さっそく買ってみました。

その名も「hite d(ハイト ディー)Dry Finish」

hite d(ハイト ディー)Dry Finish‐眞露ジャパン

hite d(ハイト ディー)Dry Finish‐眞露ジャパン

最初見たときは、缶ラベルのデザインの雰囲気から、チューハイ系かなっと思ったんですが、よくよく見ると「生ビール(非熱処理)」印字がありました。

「どこがつくっているのやら?」「はたまたどこかの会社が輸入したのやら」と思って製造元を見てみると、なんと「眞露(JINRO)ジャパン」

あのJINROやチャミスルをつくっている会社じゃありませんか。JINROは実際に飲んだことはありませんが、チャミスルはおいしいですよね。

昨年の10月に韓国で新発売された「hite d(ハイト ディー)」は、今年の5月から日本国内での発売が開始されたそうです。

「hite d(ハイト ディー)」の 「d(ディー)」は、

  • dry Finish
    最後まで残るドライの味を実現。雑味の残らないピュアドライ以外のすべてを取り除いた味わい。
  • dry Yeast
    ビールの味は麦芽を水に変える酵母の役割が核となり、5 年の研究期間/試行錯誤を重ね、ついに最適な味わいを実現する特別な「Dry Yeast」を発見しました。
  • danbrew Alectia
    世界最高のビール研究所であるデンマークのDanbrew Alectia(ダンブリュー アレクティア)社との共同開発を通じて誕生。105 段階の開発過程、67 の官能検査、5 年の開発期間等、比類無い投資により開発されました。
  • design
    シャープな味わいを表現するための極めてシンプルなデザイン。商品のイメージを最も強く伝えるべく、鋭いスチールの背景とロゴが突き刺さるように表現され、新しい味に向き合ったデザインに成功しています。

とのこと。辛口が、「hite d(ハイト ディー)」の特徴のようです。

「hite d(ハイト ディー)」の原材料は「麦芽・ホップ・コーンスターチ」でアルコール度数は5%です。「hite d(ハイト ディー)」のカロリーは100mlあたり41kcalなので、350ml缶を1本を飲むと143.5kcalになります。「hite d(ハイト ディー)」のラインナップは350ml缶のみで、ビンやロング缶(500ml缶)はありません。

「hite d(ハイト ディー)」を飲んでみた感想ですが、「アサヒスーパードライをさらにスッキリさせた爽快な味わい」でした。ああ、これはキリンビール好きな人(アンチ・スーパードライな人)が、「味がスカスカ」とか「軽薄な味わい」とかいって酷評するタイプのビールだな、と飲んで率直に思いました。

自分は逆にアサヒスーパードライ派なので、このスッキリ辛口な感じはむしろ好印象です。スーパードライがないときに「hite d(ハイト ディー)」出されても、たぶん、喜んで飲めると思います。

「じゃあ、ずっと「hite d(ハイト ディー)」でいいじゃん、韓国のお酒だからひょっとして、アサヒスーパードライよりもお安くのめるんじゃなかろうか」と思って値段を調べてみましたが、意外にもアサヒスーパードライのが少しばかりお安いようです。

楽天でざっと見ただだけですが、アサヒスーパードライの1ケース(350ml×24本入り)がだいたい4500円くらいなのに対し、「hite d(ハイト ディー)」は4700円~4800円くらいでした。1ケース250円違うと考えて、1缶あたり約10円高い計算になります。「hite d(ハイト ディー)」のケースを取り扱っている楽天ショップも2店舗しかなかったので、このあたりは販売量による価格のメリットがモロにでちゃってるみたいですね。

家飲みは、発泡酒か新ジャンルばっかりですが、たまに外で飲むときはやっぱりアサヒスーパードライな自分です。アサヒスーパードライを飲む理由がなくならなくてちょっと一安心。だって、1缶あたり10円も高いんですから。やっぱり安いほうを飲みますよね。

 

他の人の感想も見るなら
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ
にほんブログ村

Leave a Reply