【感想】のどごし<生>‐キリンビール その②

その他の醸造酒(発泡性)①で売上げナンバーワンを走り続けるキリンビールの「のどごし<生>」を、久しぶりに飲んでみました。

以前に「のどごし<生>」を飲んだときの感想はこちら。

のどごし<生>‐キリンビール
のどごし<生>‐キリンビール

のどごし<生>の公式ホームページはこちら

KIRIN のどごし〈生〉
http://www.kirin.co.jp/brands/nodogoshi/

「のどごし<生>」の特徴は、当社の特許技術「ブラウニング製法」により、すっきりしたのどごしと、しっかりしたうまさを両立したことと、着色料を使うことなく、黄金色の液色を実現したこと。

「のどごし<生>」の原材料は「ホップ・糖類・大豆たんぱく・酵母エキス」でアルコール度数は5%。カロリーは100mlあたり43kcalで「のどごし<生>」のロング缶(500ml缶)1本を飲むと215kcalになる計算です。

ひさしぶりに「のどごし<生>」を飲んでみた感想ですが「味わいはほんのり甘い味わいであっさりとまとまった感じがあって飲みやすい。アルコールも5%と少し低めでキツいところがなくスッキリとしたのどごしがある」ように感じました。

ずばっといってしまうと「不味いと思っちゃう部分が少ない」「ハズしてる感がない」のが特徴に思いました「のどごし<生>」。
「ビールと比べるとおいしくない」とかいう感想を述べる人もいそうですが、ビールと比べちゃダメだと思います、ビールと比べちゃ。

「のどごし<生>」は新ジャンル(第三のビール)の中でもその他の醸造酒(発泡性)①なので、350ml缶でコンビニで買っても140円くらいのとてもリーズナブルなお酒です。この値段でここまで飲めるのであれば、日本全国たくさんの人が晩酌の友にするのもわかるような気がします。

他の人の感想も見るなら
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ
にほんブログ村

Leave a Reply