Sparkling Hop(スパークリングホップ) – キリンビール

ホップがこんなにフルーティ「Sparkling Hop(スパークリングホップ) 」を飲んでみました。

Sparkling Hop(スパークリングホップ) - キリンビール

原材料は「発泡酒・大麦スピリッツ」で、アルコール度数は5%です。

スパークリングホップを飲んでみた感想ですが、これはもうまったく別のお酒、ビールに由来するお酒じゃないですね。

飲み始めから、(おそらく)ホップによるところの大きい「まろやかな甘さ」が口の中に広がります。
「いかにビールの味に近づくことができるか」という感じはまったくなくて、「こういう新しいお酒です」と言われた方がしっくりきます。

発泡酒以降のいわゆる「第三のビール」のことをメーカーは「新ジャンル」と呼びますが(※正確にはビールではないので、誤認を避けるため)、まさに「フルーティな、新(これまでにない)ジャンルのお酒」といった感じです。

他の人の感想も見るなら
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ
にほんブログ村

2 Responses to “Sparkling Hop(スパークリングホップ) – キリンビール”

  1. […] 「Sparkling Hop レッド」を飲んでみた感想ですが、これは以前に「Sparkling Hopを飲んだ感想」 でも書きましたが「ビールとはまったく別のお酒」です。炭酸も控え目でまったく苦味がない、 […]

  2. […] みた感想ですが、「新しい Sparkling Hop の方が、明らかにフルーティ」です。以前に Sparkling Hopを飲んだ感想を書いた時は「“まろやかな甘さ”が口の中に広がります」と書きましたが、新 […]

Leave a Reply