【感想】スーパーブルー彩旨‐サントリー

今日、「何か新しい銘柄ないかな~」と、地元の生協にふらっと足を運んで見つけたのがこれ、サントリーの「スーパーブルー彩旨<あやうま>」です。

スーパーブルー彩旨<あやうま>‐サントリー

スーパーブルー彩旨<あやうま>‐サントリー

この「スーパーブルー彩旨<あやうま>」ですが、お店で見かけたときは「ラッキー、新銘柄(ブログネタ)発見♪ でも、こんな銘柄でるって情報みたことあったっけ。どっかで漏らしたかな~?」と思いつつ購入しました。ですが、家に帰ってネットで調べてみても、「スーパーブルー彩旨<あやうま>」を飲んだ感想を書いたブログは見つけることができましたが、肝心のニュースリリース的なものを見つけることができません。缶ラベル左上の赤丸に「co・op」と表記されているので、生協限定で発売されている製品だとは思いますが、はっきりとはわかりません。ちなみにお値段は、6缶パック600円の、1本100円プライスでした。

「スーパーブルー彩旨<あやうま>」の原材料は「発泡酒・スピリッツ(小麦)・炭酸ガス含有」で、アルコール度数は5%。原材料を見る限りはいわゆる普通のリキュール(発泡性)①のお酒です。

「スーパーブルー彩旨<あやうま>」を飲んでみた感想ですが「一昔前のリキュール(発泡性)①」という感じです。

ここ最近のリキュール(発泡性)①の発泡酒は、ライトテイストや飲みやすさ、キレ(スッキリ感)を重視して、どちらかというとビールテイストから離れつつあって、かつそれをよしとしているような気がしているんですが、そのさらに前の、なんとかビールの味わいに近づけようとしていた頃のリキュール(発泡性)①の味わいを思い出しました。

こう書くと「なんだそれ、具体的には?」っていわれそうなので率直な表現に変えると「ちょっと薬品(いかにアルコール)っぽい味わいがする」って感じでしょうか。具体的な銘柄がどれとかどれだったか、昔のブログを一通り見直してみても「コレ!」とはっきりできなかったんですが、「あー昔のリキュール(発泡性)①ってこんな味わいのが多かった」って感じがしました。

イオンのプライベートブランド(PB)「トップバリュ」から新発売された「トップバリュ 麦の薫り」も1本100円という低価格が話題になって(少なくとも自分の周りのビール好きの間では話題になって)ますが、「スーパーブルー彩旨<あやうま>」は5月後半くらいから飲んだ感想のブログがネットに公開されているようなので先行して発売されてるのは間違いなさそうです。が、正直、安い(350ml缶で1本100円)ってこと以外にあまり特徴を見つけられませんでした。

まぁ、安さは大事ですけどね。

彩旨は見つけられなかったので、スーパーブルーをば。

他の人の感想も見るなら
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ
にほんブログ村

Leave a Reply