「3度つぎ」に挑戦中。

キリンビールがおすすめする「3度つぎ」というのがあるとネットで見かけました。せっかくビールグラスを買ったばかりです。ビールがおいしくなるという「3度つぎ」、これをぜひ習得せねば。

学習マンガでやさしく講義【醸造学部】ビールをおいしく飲むために

「3度つぎ」を最初に知ったのはこちらの記事。

ビールはグラスを傾けて受けるのがマナー? | エキサイトニュース
http://www.excite.co.jp/News/bit/00091134152541.html

さっそく調べてみたら、キリンビールのホームページで、詳しい説明と、おまけに動画も発見できました。

KIRIN_キリンビール大学_学習マンガでやさしく講義 醸造学部 ホップの苦みと泡の関係 講義の補足
http://www.kirin.co.jp/daigaku/DST/NO19/hosoku.html

3度つぎとは?

  1. 1回目は、最初だけゆっくりと、途中から勢いよく泡を立てながら、グラスのふちまで泡が盛り上がるまでつぐ。ここでいったんストップ。
  2. 2回目はグラスの上まで泡が盛り上がるまでゆっくりつぐ。ここでまたひと休み。
  3. 3回目は、グラスの上1.5センチくらいまで、泡を押し上げるような気持ちでそっとつぎ足すんじゃ。

    泡とビールの割合は3対7が目安。泡立ちのようすを見ながら2~3分かけてゆっくりついでいくのがポイント

とのことです(※語尾が「~じゃ」なのは、引用した記事が教授と学生というシチュエーションのためです。

ということで、試してみました。

まずは1回目。ぐーっと注ぎました。ぐーっと勢いよく注ぎましたが、底が丸くなっているビールグラスなので、動画で見たみたいに泡ばっかりにはなりません。
おもしろいのは、途中から勢いをつけて注いぐせいか、できあがった泡にきめの細かいところと荒いところ、一見してわかるくらい「泡の層の違い」ができているところです。

3度つぎ 1回目

泡が落ち着くまでは、1分くらい待ちます。

そして2回目。

3度つぎ 2回目

ちょちょっと注ぐだけなので、正直、これがおいしさにつながるっていわれてもピンとはきません。さすが、3度つぎは奥が深いです。

ついに3回目。

3度つぎ 3回目

1.5cmくらい、泡が盛り上がるまで注ぎます。いわれてあらためて気づきましたが、泡はグラスの口を越えても全然大丈夫なんですね。

それはさておき、結果は上の写真を見てもわかる通り、7対3には程遠く、まだまだ練習が必要になりそうです。

他の人の感想も見るなら
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ
にほんブログ村

One Response to “「3度つぎ」に挑戦中。”

  1. […] ビール(発泡酒)のおいしい注ぎ方といえば、前にこのブログで自分も試してみたこともあるキリンビールがおすすめする「3度つぎ」もありますが、やってみてなんだか難しかったで […]

Leave a Reply